WoW!Koreaコラム インタビュー

<WKコラム>「LOUD」、“P NATIONラウンド”でアマルが涙したワケとは?イ・スンギが“スーパーエージェント”として登場!

コメント

2021/07/26 18:41配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

7月24日(土)に放送された「LOUD」(SBS)第8話。前週に続き、第4ラウンド“P NATIONラウンド”の後半が公開されたが、“JYPラウンド”とはまた違う結果、さらには脱落者3人も発表された。

“P NATIONラウンド”の後半は、“K-POP組”3チームによる対決。日本人参加者3人はそれぞれ違うチームに分けられ、まずはケイジュの組が登場。ケイジュはこれまでダンスで魅せてきたが、今回はJ.Y.Park(パク・チニョン)から「歌とラップが意外と良かった」、PSYからも「きょうのラップは練習のときよりはるかに上手くなっていた」と高評価で、チームの個人順位2位に。J.Y.Parkがつけたチームの点数は88点だった。

続いて、登場したのがアマル(元JYP練習生)とウ・ギョンジュン(元P NATION)のいるチーム。チーム名をメンバー4人の血液型が違うことから、「P(ピ=血)タルン(違う)NATION」と名付けたアマルのネーミングセンスにJ.Y.Parkもビックリ。

そして、J.Y.Parkとアマルのやり取りも面白かった。P NATIONに初めて行ってどうだったかを聞かれたアマルが「そこまで大きな違いはなくて。会社の雰囲気は違ったんですけど…」と答えると、具体的にどう違ったかを聞くJ.Y.Park。アマルが「ちょっとだけ何ていうか、自由な感じだったと思います」と言うと、すかさず「あ~、JYPは抑圧されている感じがあると」、「ご飯もオーガニックではなく自由だし」と畳みかけるようにつっこみ、必死に否定するアマルをタジタジに。PSYが「(J.Y.Parkは)意外とクールじゃない」と笑っていたが、以前PSYから恋愛話を振られたアマルが素直に答えてしまった後、上手く収拾していたのは、まぎれもなくJ.Y.Parkだ。

今回ステージを終えた後、魅了されたような表情を浮かべ、まずチームに対しては、K-POPファンが好きな要素であるディテール、カル群舞(シンクロダンス)、演技、チームワークがバッチリ決まっていて、2分40秒のステージが1分に感じられるほど見入ってしまったと大絶賛。チームの点数は97点の高得点をつけた。


そして、これまで既存の歌手のマネをしているように見えると酷評していたアマルに対しても、ケチをつけるところが一つもなかったと褒めると、泣き出してしまったアマル。K-POPアイドルを目指す外国人は、K-POPを聴きながら韓国語を勉強し、その歌手のスタイルも勉強するから、K-POPアイドルたちの何かが自然に体に染みついてしまうということをJ.Y.Parkも分かったうえで、それでもアマルなら克服できると確信していたし、克服できれば、すごいスターになるだろうと思っていたので、あえて厳しいことを言ってきたと明かし、温かい親心を見せていた。

アマル本人も、カッコよく見せたいという思いから、知らず知らずのうちに誰かのマネをしている自覚があり、悩んでいたので、お母さんに相談したら、「カッコよくしなくても、ありのままで十分にカッコいいから、そのままやればいい」と言ってくれたことを明かしたが、そんな苦悩を秘めていたので、涙が止まらなかったようだ。

ともかく、これで一皮むけたアマルがチーム順位2位。1位はシャイボーイから脱皮し、自信にあふれていたウ・ギョンジュンだった。PSYが、歌手には資質と気質があり、資質は体、そして喉から出るけれど、気質は姿勢、そしてまなざしから出るものだとし、ウ・ギョンジュンに「一度も見たことのないまなざしを見た。きょうは資質も見たし、初めて気質も見た」とその成長ぶりを評価した。

最後は、コウキとファン投票で不動の1位を守るイ・ゲフン(元JYP練習生)、チェ・テフン(元P NATION練習生)のチーム。パフォーマンスを見たJ.Y.Parkはボーイズグループのライブを見ているようだったとし、アンコールを要求するほど、目を奪われる完璧なステージだった。チームの点数は96点。

今回、曲の中で女性役を演じたコウキは今回も圧巻のダンスに加え、表情とアクティングを褒められ、チーム順位1位。そして、J.Y.Parkから「一番目立たないだろうと思っていたのに、一番目立っていた」と驚かれ、PSYからも今までの中で最高のステージだったと褒められ、存在感を見せつけたチェ・テフンが2位。そして、常に評価でも1位だったイ・ゲフンが3位。J.Y.Parkは「何か物足りなかった」と評価していたが、イ・ゲフン自身、これまでのラウンドで全て良い評価をもらい、次はどんな姿を見せればいいのかということがプレッシャーとなり、今回はその重さに打ち勝つことができなかったと正直に打ち明けていた。

こうして全員の順位が決まり、脱落候補6人の中から、次のラウンドに進出できる3人が発表された。日本人参加者のハルトが脱落候補に入っていたが、名前を呼ばれることはなかった。これまでハルトと他の日本人参加者が絡んでいるシーンはほぼ見られなかったが、脱落者発表のとき、アマルが「ハルト兄さんが落ちたらダメなんだけど」と心配そうにつぶやいている場面や、ハルトの脱落が決まった後、ハルトとケイジュが抱きしめ合い、その近くにはアマルとコウキもいたので、お互いに支え合っていたのだろうと思うと、切ない別れのシーンだった。これで次の“キャスティングラウンド”に進める日本人参加者は3人となった。


また、番組最後には、“スーパーエージェント”としてイ・スンギが加わることも予告された。イ・スンギが参加者たちと面談をするシーンが映ったが、どんな役割を担っているのかも注目だ。

なお、今回も事前ファン投票中間集計(7月24日午前基準)が公開され、1位は変わらずイ・ゲフン。2位は前回3位からアップしたケイジュ。3位は前回2位のチョン・ジュンヒョクで、4位はウ・ギョンジュン、5位はアマルだった。次回はついに参加者たちがデビューする事務所が決まる大事な局面。元練習生たちはホームに戻るのか、それとも新しい場所に旅立つのか、JYPとP NATIONの熾烈なキャスティングの行方など佳境に入り、ますます目が離せなくなってきた。

<WKコラム>「LOUD」、“P NATIONラウンド”でアマルが涙したワケとは?イ・スンギが“スーパーエージェント”として登場!

韓国語ラップの特訓をするケイジュ。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>「LOUD」、“P NATIONラウンド”でアマルが涙したワケとは?イ・スンギが“スーパーエージェント”として登場!

ラップを褒められたケイジュ。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>「LOUD」、“P NATIONラウンド”でアマルが涙したワケとは?イ・スンギが“スーパーエージェント”として登場!

アマル(左)とウ・ギョンジュン(右)の「PタルンNATION」チーム。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>「LOUD」、“P NATIONラウンド”でアマルが涙したワケとは?イ・スンギが“スーパーエージェント”として登場!

自信あふれる姿を見せたウ・ギョンジュン。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>「LOUD」、“P NATIONラウンド”でアマルが涙したワケとは?イ・スンギが“スーパーエージェント”として登場!

チェ・テフン(左)、コウキ(中央)、イ・ゲフン(右)のチーム。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>「LOUD」、“P NATIONラウンド”でアマルが涙したワケとは?イ・スンギが“スーパーエージェント”として登場!

今回はプレッシャーに打ち勝てなかったと話すイ・ゲフン。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>「LOUD」、“P NATIONラウンド”でアマルが涙したワケとは?イ・スンギが“スーパーエージェント”として登場!

残念ながら第4ラウンドで脱落となったハルト。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>「LOUD」、“P NATIONラウンド”でアマルが涙したワケとは?イ・スンギが“スーパーエージェント”として登場!

別れを惜しむハルトとケイジュ。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>「LOUD」、“P NATIONラウンド”でアマルが涙したワケとは?イ・スンギが“スーパーエージェント”として登場!

“キャスティングラウンド”でMCを務めるイ・スンギとコウキ。(画像:画面キャプチャ)







この記事が気に入ったら