WoW!Koreaコラム インタビュー

<WKコラム>「LOUD」、JYP日本人練習生登場!第2ラウンドのチーム対決ではいきなりJYP練習生同士が激突!J.Y.Park(パク・チニョン)の評価は?

コメント

2021/06/21 17:56配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

6月19日(土)に放送されたオーディション番組「LOUD」(SBS)第3話は、第1ラウンドが終わり、第2ラウンドに突入する模様が公開された。今回も注目されたのは元練習生たちだった。

まず、前回途中で終わってしまった第1ラウンドの続きとして、P NATIONとJYPエンターテインメント(以下、JYP)の練習生が登場。P NATIONからは末っ子のオ・ソンジュン。“魅力舞台”ではヌンチャクでロウソクの火を消すことに挑戦するのも失敗に終わり、“実力舞台”でも合格をもらえなかったが、堂々とした表情を浮かべ、追加でダンスパフォーマンスを披露したところ、「可能性を感じた」というJ.Y.Park(パク・チニョン)の心をつかんで合格となった。

続いて、JYPの日本人練習生アマル。常に笑顔いっぱいで、リアクションも抜群なので、練練習生が選ぶ第一印象1位になるほど、ポジティブなマインドの持ち主だ。J.Y.Parkと同じく、手にはますかけ線があり、強い運を持っていそうだ。“実力舞台”で歌を披露し、J.Y.Parkからは自分のスタイルを持っていて、今まで「LOUD」で聴いた歌の中で一番だったと褒められ、PSYからも歌だけでなく、クレーンカメラを見るなどステージパフォーマンスも完璧だったと高評価。“魅力舞台”では皿回しを披露し、2人をあっと驚かせ、難なく合格パスを受けた。

練習生たちの第1ラウンドの模様はここで終わったが、ハイライトでP NATIONとJYPの他の練習生も全員合格したことが分かり、第2ラウンドには全35人が進出した。そのうち、日本人参加者は4人だ。

第2ラウンドは、小グループチームミッション。グループの中でどんな役割を見せられるのかがポイントとなる。第1ラウンドでJ.Y.Parkにキャスティングされた参加者同士、PSYにキャスティングされた参加者同士で2、3人のチームを組み、JYP vs P NATIONの構図でバトルを展開。個人の点数とチームの点数を合算し、最下位5人が脱落するというラウンドだ。

このチーム対決は、いきなり最初から“ビッグマッチ”が展開された。JYPチームは、JYP練習生出身イム・ギョンムンと初回放送トップバッターで登場したイ・ドンヒョン。P NATIONチームは、JYP練習生出身イ・ゲフンと自作振付が注目されたイ・イェダムという組み合わせだ。

つまり、JYPの練習生だった2人が対決することになったのだが、「身内の戦いみたいで、ちょっと途方に暮れた」というイム・ギョンムンに対し、第2話で最長練習生としてスポットを浴びたイ・ゲフンは「過去は過去。今はP NATIONに属しているので、それほど実感はない」とクールだ。

JYPチームのイム・ギョンムン&イ・ドンヒョンは、J.Y.Parkの中間チェックで曲を「Block B」の「HER」に変え、弾けるパフォーマンスを披露した。J.Y.Parkは「俳優は台本を受け取ったら、自分を消さなくちゃいけない。歌手は自分の姿を前面に出してステージに立たなきゃいけないと思います。ドンヒョン君は自分の姿がずっとありました。しかも、ギョンムン君と練習して、基本テクニックまで上手くなりましたね」と褒め、イム・ギョンムンにも「練習生生活を長くしながら、失ってしまった部分がドンヒョン君を通じて、また戻ってきた感じがします。きょう一番、イム・ギョンムンらしかったです。本当に誇らしかったです」と笑顔を向け、2人がお互いに良い影響を与えていると満足そうに語った。

続いて、P NATIONチームのイ・ゲフン&イ・イェダムはMINO(WINNER)&BOBBY(iKON)の「HIT ME」を選曲。PSYの中間チェックのアドバイスで、見せ場となるパフォーマンスの構成を変え、エネルギッシュなステージを披露した。

あまりの素晴らしさにJ.Y.Parkは「すごいですね」と言ったきり言葉が出ず、ようやくマイクを握ると「残念な部分がありません」と舌を巻いた。PSYが作る最高のアイドルはこんな感じなのかなと思ったと最高の賛辞を送り、イ・ゲフンとイ・イェダムの自作ラップのワードセンスにも注目。そして、イ・ゲフンにも練習生生活をしながら培ってきた基本テクニックに、PSYの温度が加わると、こういうステージができるのかと感心し、「誇らしかったです」と伝えた。

審査の結果、個人の点数をみると、イム・ギョンムン182点(JYP93、PSY89)、イ・ドンヒョン190点(JYP96、PSY94)、イ・ゲフン190点(JYP98、PSY92)、イ・イェダム184点(JYP92、PSY92)と全員高得点で大接戦。チームの点数は、イム・ギョンムン&イ・ドンヒョン185点(JYP93、PSY92)、イ・ゲフン&イ・イェダム193点(JYP98、PSY95)で、P NATIONチームが勝ち、このチーム戦ではイム・ギョンムンが脱落候補となった。

そして、この日からNAVERとSUPER STARのアプリで、いよいよ視聴者投票も開始。サバイバルの雰囲気が盛り上がってきた。

<WKコラム>「LOUD」、JYP日本人練習生登場!第2ラウンドのチーム対決ではいきなりJYP練習生同士が激突!J.Y.Park(パク・チニョン)の評価は?

P NATION練習生出身のオ・ソンジュン。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>「LOUD」、JYP日本人練習生登場!第2ラウンドのチーム対決ではいきなりJYP練習生同士が激突!J.Y.Park(パク・チニョン)の評価は?

JYP練習生出身の日本人参加者アマル。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>「LOUD」、JYP日本人練習生登場!第2ラウンドのチーム対決ではいきなりJYP練習生同士が激突!J.Y.Park(パク・チニョン)の評価は?

“魅力舞台”で皿回しをするアマル。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>「LOUD」、JYP日本人練習生登場!第2ラウンドのチーム対決ではいきなりJYP練習生同士が激突!J.Y.Park(パク・チニョン)の評価は?

アマルのパフォーマンスに興奮するJ.Y.ParkとPSY。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>「LOUD」、JYP日本人練習生登場!第2ラウンドのチーム対決ではいきなりJYP練習生同士が激突!J.Y.Park(パク・チニョン)の評価は?

第2ラウンドに進出した35人。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>「LOUD」、JYP日本人練習生登場!第2ラウンドのチーム対決ではいきなりJYP練習生同士が激突!J.Y.Park(パク・チニョン)の評価は?

JYPチームのイ・ドンヒョン(左)とイム・ギョンムン。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>「LOUD」、JYP日本人練習生登場!第2ラウンドのチーム対決ではいきなりJYP練習生同士が激突!J.Y.Park(パク・チニョン)の評価は?

P NATIONチームとイ・ゲフン(左)とイ・イェダム。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>「LOUD」、JYP日本人練習生登場!第2ラウンドのチーム対決ではいきなりJYP練習生同士が激突!J.Y.Park(パク・チニョン)の評価は?

チーム対決はP NATIONチームが勝利。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>「LOUD」、JYP日本人練習生登場!第2ラウンドのチーム対決ではいきなりJYP練習生同士が激突!J.Y.Park(パク・チニョン)の評価は?

勝利したイ・ゲフン(左)とイ・イェダム。(画像:画面キャプチャ)







この記事が気に入ったら