WoW!Koreaコラム インタビュー

<WKコラム>イ・スンギ&チャ・ウヌ、Rain(ピ)の壮大なドッキリに引っ掛かり取った行動とは?「Ciipher」も衝撃・感動・涙!

コメント

2021/03/16 13:27配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

3月14日(日)に放送された「イ・スンギのチプサブイルチェ~師匠に弟子入り」(SBS)が視聴率8.0%(ニールセンコリア調べ)を記録。ここ最近は3~6%台で推移しており、前週も6.0%だったことを考えると、急上昇だ。その立役者がRain(ピ)。この日は、前週からの続きで、師匠として登場した“失敗のアイコン”タク・ジェフンとイ・サンミンが“シルペスティバル(失敗フェスティバル)”を開催するのに、招待歌手としてRainにオファーするという内容のRain編だったのだ。

師匠のイ・サンミンがRainの中学の先輩ということで、師匠をはじめ、「チプサブイルチェ」メンバーたちはRainの自宅に直接押しかけ(!? )、慌てたRainだったが物を盗まないこと、静かにすること、家族の話は質問しないことなどを条件に中に招き入れ、企画趣旨を聞くことに。

最近、Rainは自分のカムバックと自分が手掛ける新人ボーイズグループ「Ciipher」のプロモーションで、バラエティに出まくっており、「全知的おせっかい視点」(MBC)でも自宅を公開していたが、今回は外観や違う部屋が公開されたのも注目ポイントだ。

ここで、「チプサブイルチェ」メンバーの俳優シン・ソンロクとRainが実は高校の同級生ということが明かされ、チャ・ウヌが生まれた1997年に、Rainがアイドルグループとしてデビューしたこと、失敗はいつでもやってくるから、それに備えておけば、予想していた失敗は怖くないといったRainの失敗に対する考え方なども公開。

そして、Rainは招待歌手のオファーを受けたら、何の見返りがあるのかと、それならプロデュースしている「Ciipher」を評価してほしいという条件を出し、お互いの要望を賭け、イ・スンギvs Rainの30秒腕立て伏せ対決へ。イ・スンギも健闘したが、途中でダウンし、それをチャ・ウヌが引き継ぎ、合わせて56回。Rainの66回には届かず、約束通りメンバーたちはRainのオフィスに向かい、「Ciipher」の評価をするという展開に。

ここからが、“いたずらっ子”Rainの壮大な計画の始まりだった。「Ciipher」がまずはブレイクダウンダンスを披露したが、緊張のせいか、末っ子ウォンがミスをし、ピリつくRain。メンバーたちは気付かないほどのミスだったが、唯一気付いたチャ・ウヌは自分のデビュー当時を思い出したように真剣なまなざしで見つめていた。

続いて、「Ciipher」はデビュー曲「I like You」を披露したが、今度は最年長のタンがミス。Rainは音楽を途中で止めて、もう一度始めからやらせたが、またもタンがミス。連続でミスを犯すタンに、ついにRainは声を荒げて怒りを爆発させ、撮影を中断させたのだ。そして、「Ciipher」を練習室の外に連れ出し、説教モードに。現場は一気に殺伐とした雰囲気になった。そして、Rainはタンだけを残すと、そこにタク・ジェフンが登場。なんと3人はニコニコし始めたのだ。そう、これはRainと師匠2人、協力者タンによるドッキリカメラならぬ“失敗カメラ”だったのだ。

そうとも知らず、練習室内では萎縮しまくり、暗い雰囲気の「Ciipher」のメンバーたちに、曲がいいと褒めたり、温かい言葉をかけて激励する「チプサブイルチェ」メンバーたち。「僕も本当に怒られて育ったから」とイ・スンギも優しく声をかけ、「Ciipher」を気遣っていたが、一番親身になっていたのはチャ・ウヌだった。

直属の後輩ではないが、アイドルの先輩ということで、「Ciipher」の気持ちがよく分かるのだろう。「この時期が一番怖い。これから、これより緊張することはないから」、「僕もたくさん間違えた」など声をかけたほか、イ・スンギらは自分たちが見ていると、「Ciipher」が緊張してしまうからと席を外したが、チャ・ウヌだけは逆にしっかり見て、フィードバックをしてあげたいと席を立たず、スマホを取り出すと、そこにメモをし始めたのだ。

メモには「表情の練習をするとき、歌いながら歌詞を想像して練習」、「間違えても表情が変わらなければ」、「観客でも関係者の誰かでも、その人の目をじっと見ながらパフォーマンス」、「怒られて怖いということより、ものすごいチャンス。アルバムもすごく良いけれど、このチャンスのありがたさを分かって活動するといいと思う」と書かれていた。

クライマックスでは、「Ciipher」のタンが脱退宣言までし、「チプサブイルチェ」メンバーたちを青ざめ、タン以外の「Ciipher」も知らなかったので泣き出すメンバーもいたほど強烈だった今回のドッキリ。後でRainが言っていたが、チャ・ウヌとトイレで会ったとき、一切見向きもせず、人扱いされなかったのだとか。だから、チャ・ウヌが自分に対し、本当に失望したんだなと思ったと。チャ・ウヌはチャ・ウヌで、Rainのような代表がいたらいいのにと思うぐらい好感を寄せていただけに、自宅とオフィスでの姿が180度違い、その変貌ぶりにショックを受けたらしい。清廉潔白なチャ・ウヌらしいエピソードだ。もちろん、その後ドッキリだと分かり、2人は誤解を解いた。

今回、「チプサブイルチェ」にも試練があった方がいいと思い、失敗シミュレーションを企画したというRain。イ・スンギは「こんなに(Rainは)感情的な人ではないのに」と思いながらも、初めてドッキリに引っ掛かってしまった、としてやられた感を出していたが、何とか収録を締めくくろうと現場を取りまとめる姿が本当にプロだったとRainも感心していた。そして、他事務所の後輩グループにもかかわらず、アイドルの先輩として後輩に共感し、なんとか助けになろうと自分のするべきことを見つけ、行動に移すチャ・ウヌに対しても、新たな発見だった。

<WKコラム>イ・スンギ&チャ・ウヌ、Rain(ピ)の壮大なドッキリに引っ掛かり取った行動とは?「Ciipher」も衝撃・感動・涙!

Rainの自宅を訪れた「チプサブイルチェ」メンバーたち。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>イ・スンギ&チャ・ウヌ、Rain(ピ)の壮大なドッキリに引っ掛かり取った行動とは?「Ciipher」も衝撃・感動・涙!

高校の同級生だというRainとシン・ソンロク。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>イ・スンギ&チャ・ウヌ、Rain(ピ)の壮大なドッキリに引っ掛かり取った行動とは?「Ciipher」も衝撃・感動・涙!

Rainの自宅でミーティングをする「チプサブイルチェ」メンバーたち。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>イ・スンギ&チャ・ウヌ、Rain(ピ)の壮大なドッキリに引っ掛かり取った行動とは?「Ciipher」も衝撃・感動・涙!

「Ciipher」の振付を真剣に見つめるチャ・ウヌ。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>イ・スンギ&チャ・ウヌ、Rain(ピ)の壮大なドッキリに引っ掛かり取った行動とは?「Ciipher」も衝撃・感動・涙!

ドッキリモードのRain。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>イ・スンギ&チャ・ウヌ、Rain(ピ)の壮大なドッキリに引っ掛かり取った行動とは?「Ciipher」も衝撃・感動・涙!

「チプサブイルチェ」メンバーたちの激励に笑顔を見せる「Ciipher」。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>イ・スンギ&チャ・ウヌ、Rain(ピ)の壮大なドッキリに引っ掛かり取った行動とは?「Ciipher」も衝撃・感動・涙!

「Ciipher」に優しく声をかけるチャ・ウヌ。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>イ・スンギ&チャ・ウヌ、Rain(ピ)の壮大なドッキリに引っ掛かり取った行動とは?「Ciipher」も衝撃・感動・涙!

「Ciipher」へのフィードバックをメモしたチャ・ウヌ。(画像:画面キャプチャ)



<WKコラム>イ・スンギ&チャ・ウヌ、Rain(ピ)の壮大なドッキリに引っ掛かり取った行動とは?「Ciipher」も衝撃・感動・涙!

ドッキリだと明かし、笑顔を見せるRain。(画像:画面キャプチャ)







この記事が気に入ったら