WoW!Koreaコラム インタビュー

<インタビュー>チャ・ウヌ(ASTRO)、“チェチャ”と呼ばれるように頑張りたい!

コメント

2021/02/19 15:23配信
Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

韓国で今月はじめに放送を終了したtvNドラマ「女神降臨」で、チャ・ウヌ(ASTRO)は主人公のイ・スホ役で熱演を見せた。10代の少年・少女の成長とかわいらしいロマンスを描いた本作でイ・スホは、ジュギョン(女優ムン・ガヨン扮)に出会い、互いの痛みを癒し、さらに成長していく人物だ。

 スホの成長と共に、俳優チャ・ウヌの成長も見られるドラマだった。原作のウェブトゥーンで完ぺきな男イ・スホを高いシンクロ率で表現したビジュアルに、スホの振れ幅の大きな成長を繊細に描いて視聴者を魅了した。

 チャ・ウヌは、ボーイズグループ「ASTRO」でデビューし、「私のIDはカンナム美人」、「新米史官ク・ヘリョン」に続いて「女神降臨」まで、短期間で一段階ずつ俳優として成長しながら一気に注目される俳優となった。特に今回の「女神降臨」では、魅力、演技力はもちろん、高い人気で国内外のファン層を厚くした。

 美しい外見で“顔の天才”、“美男の代名詞”と呼ばれる。さらに「チェエ(=最愛)はチェエ、チャ・ウヌはチャ・ウヌ」を意味する“チェチェチャチャ”という新造語が生まれるほど、大衆的にも認知度と好感度をより高めている。そんなチャ・ウヌが、大衆からの視線や期待の中でどんな考えを持っているのか、語ってくれた。


Q.作品を無事に終えた感想は? 

終わってから2週間ほどになるんですが、まだ実感が湧きません。今も撮影現場に行かなきゃいけないような感じです。すっきりする一方で、名残惜しさもあります。6か月以上の長い時間、監督や脚本家の先生、そしてみんな苦労しました。


Q.「女神降臨」の人気の秘訣は何だと? 

よく見てくださって、本当に感謝しています。現場で意気投合して、本当に楽しく撮ったことも一つの役割を果たしていた気がします。学園ものですが、その中にいろんなジャンルがありました。コメディ、アクション、ホラーもあって、それが混ざって出てくる面白さやメッセージをよく見てくださったんだと思います。


Q.ムン・ガヨンは大学の先輩、パク・ユナは高校の同級生だそうだが…

ガヨン姉さんは先輩で、ユナは同級生でもあり、「カンナム美人」でも一緒でした。だから今回会えたのを不思議に思いながら、気楽でもありましたね。初めて会った人だとぎこちないこともあるし、息を合わせなきゃいけない時間が必要でしたが、前から知っているので大丈夫でした。みんな非常に忙しいので、たくさん会ったりはできておらず、台本リーディングの時に久しぶりに会いました。


Q.一番記憶に残るシーンは? 

いろんなシーンがあるんですが、修学旅行の時に岩の下でジュギョンに自分の気持ちを直接的に表現するシーンが記憶に残っています。すごく緊張したシーンで、スホの気持ちをどうやって伝えられるか、ずいぶん悩んだんです。また病院で父親からこれまで抑えて辛かったことを全て吐き出す演技もそうです。それが放送された時に、どうやって受け入れてくださるか心配して緊張もしましたね。



Q.「女神降臨」のイ・スホを演じながら一番多く感じたことは? 

スホになって演じたものをモニターで見て、いろんな反応も聞きました。作品が終わって振り返ってみると、スホに入り込めたとすごく感じました。チャ・ウヌではなく、配役になりきったという感じですかね。今回の作品をしながら、スホにすごく集中したからか、スホがこんな考えだったんだとか、こんな深いところまで感じただろうなと入り込んでいたら、何か違うように感じた時がありました。楽しくもあり、学んだなと感じました。


Q.記憶に残る反応は? 

いろいろありがたい反応が多かったんですが、一番記憶に残るのは「チャ・ウヌではないイ・スホは考えられない」という言葉が一番うれしかったです。非常にうれしい褒め言葉でしたね。書き込みを見て、本当にうれしかったです。恥ずかしいけど感謝しています。いろんな姿をお見せできるように頑張ります。


Q.キム・サンヒョプ監督が放送終了のインタビューで「チャ・ウヌが今回の作品で自分の感情をうまく表現する面白さを得たようだ」と言っていたが…

監督のインタビューは僕も見ました。僕の感情…まだよく分からないんですが、そうおっしゃってくださり、ありがたいですね。スホとして僕ができる最大限の表現をしたかったんです。スホが実は非常に幼い高校生ではあるんですが、痛みと傷がたくさんある人です。だからよけいに切なくて、スホが愛されて壁を破って出てきたらいいのにという気持ちが強かったですね。チャ・ウヌとして僕ができる最大限でやりたかったし、スホの成長がよく見せられたらいいなという思いでした。


Q.放送の間に大きな成長を見せ、中盤を越えた辺りから感情表現が非常に好評だったが…

スホを演じながら、一番大事なポイントの一つが、スホのことを完ぺきに理解して入り込まなければいけないということでした。そうすればスホになれると思っていました。監督ともそんな話をたくさんしましたね。実際にスホが経験した状況を考えた時、どれだけつらく、傷ついたかと考えてみました。公演を見る時セヨン(チャニ(SF9))が重なって見え、呼吸困難になり、苦しむ演技があるんですが、台本で見た時はパニック障害をどう演じたらいいのか心配もたくさんありました。そのシーンだけ考えるよりも、スホが経験していることを先に考えながら演じようとしました。




Q.主にジュギョンはコミカルな演技が多かったが笑いをこらえるのが大変だったのでは? コメディに関心は? 

 ラーメンのシーンの時、ガヨンさんは演技がとても上手で、僕が笑ってNGを出しちゃいました(笑)。結構ふざけて、笑ってばかりのシーンでしたね。コミカルなシーンはアドリブが多いんです。「カット」と言われると、互いに笑うのに忙しくて、「こうしたらどうだろう」とかよく話をしました。僕もいつかコメディをやってみたいですね。今回出会ったジュギョンが家族を見るととても活気にあふれて面白いじゃないですか。(ヒョンスク役の)ヘジン先輩に後で必ずコメディをやってみてと言われました。機会があったら、挑戦したいです。


Q.かっこいい外見についてよく言われるが、「外見のせいで演技が見えない」という反応については? 

うーん。深く考えたことはありません。チャ・ウヌとしてできることは一生懸命にやってみようと思っています。「チャ・ウヌにこんな姿もあったんだ」、「思ったより面白い人だな」なんて言われたらいいなと思っています。外面的な部分について考えるより、チャ・ウヌとして見せられることについて深く考えようと思っています。キャラクターとしてできる演技の研究もたくさんして良い姿をお見せしようと思います。一生懸命に頑張れば、良い結果があると信じています。まだお見せできていない姿はたくさんあります。これからもお見せする姿はたくさんあるので、期待してほしいですね(笑)。


Q.“チェチェチャチャ”という新造語が最近できたようだが、“顔の天才”などといった別名についてどう考えているか。またつけてもらいたい別名は? 

周りから聞いて、そういったものがあると知っています。恥ずかしいですが、うれしいですね。もっと頑張って“チェチャ”(=最愛はチャ・ウヌ)になれるようにしたいです(笑)。こうした別名もうれしいですし、ありがたいです。こういうのばかりではなく、他の姿ももっとお見せしたいです。チャ・ウヌといったら、「結構いい人」、「素晴らしい人」なんて言われたいですね。信頼できる素晴らしい人になれるよう頑張ります。


Q.次回作の予定は? 

事務所と話をしています。一日も早く良い姿であいさつできるようにします。まずは「ASTRO」の新曲発売に向けて一生懸命に準備しています。アイドルとしてかっこいい姿をお見せできるように頑張ります! 

<インタビュー>チャ・ウヌ(ASTRO)、“チェチャ”と呼ばれるように頑張りたい!

<インタビュー>チャ・ウヌ(ASTRO)、“チェチャ”と呼ばれるように頑張りたい! (画像提供:wowkorea)



<インタビュー>チャ・ウヌ(ASTRO)、“チェチャ”と呼ばれるように頑張りたい!

<インタビュー>チャ・ウヌ(ASTRO)、“チェチャ”と呼ばれるように頑張りたい! (画像提供:wowkorea)







この記事が気に入ったら