WoW!Koreaコラム インタビュー

【個別インタビュー】シンドン(SUPER JUNIOR)プロデュースのガールズグループ「Pink Fantasy」、新曲「Lemon Candy」や出演してみたい番組などについて語る

コメント

2021/02/05 17:44配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

シンドン(SUPER JUNIOR)がプロデュースしたガールズグループ「Pink Fantasy」が1月21日にデジタルシングル「Lemon Candy」を発売し、WoW! Koreaのインタビューに応じてくれた。

【動画】Pink Fantasy、デジタルシングル「Lemon Candy」でカムバックしたかわいい少女たち…カムバックインタビューでLuvit(ラビット)にメッセージを伝える

 メンバーは、インタビュー前に「読者の皆さん、All You Fantasy~こんにちは! 『Pink Fantasy』です」と力強くあいさつ。

 続けて新曲「Lemon Candy」などについて語った。


Q. 1月21日にデジタルシングル「Lemon Candy」がついに発売になりましたね。

イェチャン:久しぶりなので、カムバックの準備をしながら、すごく楽しみでした。今はファンの皆さんに直接お会いできないんですが、楽しく活動しています。

ハリン:皆さんに私たち「Pink Fantasy」の新しい姿をお見せできると思うと、とってもうれしいです。


Q. 新曲「Lemon Candy」の紹介をお願いします。

アラン:「Lemon Candy」は、童話「オズと魔法使い」と「ヘンゼルとグレーテル」から幸せを探しに出る冒険をモチーフにして、冒険中に経験する紆余曲折を表現した曲です。


Q.一番出演してみたいバラエティ番組は? 

ヒソン:私は以前から「知ってるお兄さん」に出演してみたいと思っていました。
イェチャン:「覆面歌王」です。
アラン:「知ってるお兄さん」と「週刊アイドル」に出てみたいです。
ハリン:私は今回出演した「走る仲 ~Running girls~」に出てみたかったんです。
大王(デワン):「週刊アイドル」と、EBSでペンス先輩と一緒に出演してみたいです。


Q.次回以降のアルバムでやってみたいコンセプトは? 

ヒソン:ガールクラッシュです。
イェチャン:今までたくさんのコンセプトでやってきたんですが、いろんなコンセプトが混ざっている「Pink Fantasy」らしいコンセプトを作ってみたいです。
アラン:ことしはダークセクシーをやってみたいです。
ハリン:年を取る前に明るいエネルギーを見せることができる学生コンセプトを必ずやりたいです。


Q.特技やことしの目標を教えてください。

ヒソン:夜食をよく食べるので、ことしは夜食を控えて病気をせず、ケガをしないことが目標です。
イェチャン:「Pink Fantasy」として愛されること、そしてことしは状況が良くなったら対面コンサートをするのが目標です。
アラン:ことしは「Pink Fantasy」が大衆にもう少し知ってもらえたらいいなと思っています。メンバーそれぞれの魅力を皆さんにお見せできる道がたくさんできたらうれしいです。
ハリン:誰よりもメンバーをよくいじめることが特技だと思います(笑)。そしてデビューした時から言っていたように、私たち「Pink Fantasy」がビルボードで1位を取ることが目標です。
シア:私はトロットに興味があるので、伝統民謡のような曲を歌うのが特技です。そしてことしはファンの皆さんに直接会える日が来たらいいなと思っています。
大王:私の特技は魔法です。ことしの目標は、音楽番組で絶対1位になりたいです。


 ホ・ヨンセン(SS501)の「少しだけ愛していたら」MVで監督デビューした「Pink Fantasy」メンバーの大王が今回の「Lemon Candy」MVを担当して撮影から編集作業まで携わっており、さらに期待されている。



※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。




この記事が気に入ったら