WoW!Koreaコラム インタビュー

<WKコラム>「BTS(防弾少年団)」、直属の後輩になる新グループ「ENHYPEN」と脱落したI-LANDERに温かい激励&アドバイス! 「いつか同じステージで」

コメント

2020/09/20 21:41配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

7人組ボーイズグループ「ENHYPEN(エンハイフン)」が誕生した9月18日(金)生放送の「I-LAND」(Mnet、tvN)最終12話では、I-LANDERたちの憧れの先輩「BTS(防弾少年団)」と「TOMORROW X TOGETHER」が総括プロデューサーのパン・シヒョク代表らと共に、新グループ誕生の瞬間を見守った。

特に、I-LANDERに向けた「BTS」のコメントが秀逸だった。そんなメッセージ力の高い「BTS」ならではの心に響くコメントの数々に加え、笑いまでもたらした絶妙なやり取りを振り返ってみる。

まず、デビューメンバーのグループ名が「ENHYPEN」だと発表された後、RMは自虐的に「BTS」の場合、両親と友達以外の人とは3年ぐらい、グループ名について触れなかった苦い思い出があると明かし、「『ENHYPEN』は僕たちよりはるかにカッコよく、キレイなグループ名だと思います」と感想を述べ、「僕たちも、『ENHYPEN』の始まりと全てのことを応援します! 」とエールを送った。

「ファイナルテスト」のミッション曲「Calling(Run To You)」のパフォーマンスが終わった後、「直属の先輩として、グローバルアイドルになるため、必要なものをアドバイスするなら? 」と聞かれたときは、J-HOPEが「先輩という言葉が、むずがゆく恥ずかしいんですが、これからデビューするので良い仲間であり、兄貴として申し上げるなら」と前置きし、「当たり前のことですが、本質を忘れないことが一番大事だと思います。皆さんが、何が好きで夢を抱くようになり、ここに来るまでどれだけ頑張ったのか。そして、将来的により大きなアーティストになるため、何を努力すべきで、もっと頑張らなければいけないのか。実はその答えはとても明確ではっきりしています。皆さんが音楽を愛する気持ちとパフォーマンスに対する努力と情熱。それさえ守っていれば、いまも明るく輝いているけれど、もっと輝く星のようになれるのではないかと思います」と熱く語った。

JIMINも「アドバイスができるような人間ではないですが」と謙遜しながら、「応援してくださる方を忘れず、メンバーたちを愛し、仕事を愛すれば、良い結果として帰ってくると思います。応援します! 」、JUNG KOOKは「僕はいままで情熱一つで、ここまで来たと思います。だから、皆さんもいまのこの気持ちを忘れず、これからもグループ名のように発見し、成長してほしいです」と伝えた。

また、「BTS」の場合、デビューメンバーが決まった瞬間、どう思ったかを聞かれたときはJINが「メンバーたちを見ながら、長く一緒にできたらいいなと思いましたが、本当に長く一緒に続けられているので、良かったなと思います。デビューされる皆さんもメンバー同士、一緒に長くやっていくと思うので、みんな幸せに仲良く過ごしてほしいです。すごくカッコいいです」とI-LANDERにサムズアップを。

続いてSUGAが「僕たちもこのステージで、初めて音楽番組に出演しました。『M COUNTDOWN』で。なので、昔のことを思い出しますね」と振り返り、I-LANDERに「これからは頻繁に会えるといいですね。今回は観客がいなくて残念ですが、すごく上手かったです」と言うと、本人的には上手く締めくくれなかったのか、「ハハハハハ」と無理やり笑うような感じでサムズアップをし、コメントを終えた。

これまで世界の大舞台を何度も経験している「BTS」でも、生放送は緊張するのか。この辺りから空気が変わり、変な連鎖(!? )が始まっていった(笑)。


応援のため、超ハイテク空間“I-LAND”を訪問した際、一番印象に残っていることを聞かれ、Vが「“I-LAND”には食べる物がたくさんありました」と言うと、「うらやましかったです」とSUGA。そしてVは「練習生の頃やデビュー当時は」と言った後、最近韓国で流行っている、年長者が若者に説教するときの言葉「僕が若かった頃はさ~」を言いかけ、すかさずRMから「ダメですよ」とつっこまれると、「その時代のことを言っているだけですよ」と慌て、「僕は鶏の胸肉に塩をかけて食べるのも怒られました」とエピソードを。

両脇に座っていたJIMINとRMが大爆笑する中、さらに続けるVは「良い空間で、みんな家族のように過ごしている姿を見て、すごく幸せでした」と言うと、言い間違いに気づき「あっ、僕が幸せなわけではありませんが(笑)」と自分でも笑ってしまう始末。見るに見かねたRMがVのマイクを奪い、「すみません。僕たちが壊れました」とその場を収拾した。さすがリーダー、危機回避能力が高い(笑)。緊張感あふれるスタジオが、一瞬にして笑いに包まれた。

また、「I-LAND」の視聴者でもあったJ-HOPEは、「BTSテスト」の模様を見たとし、I-LANDERに労いと感謝の言葉を送った後、「僕たちからのプレゼントをうれしそうに受け取っているのも見たし、僕はジェイ君がなぜこんなに面白いんでしょうか? 」と“黒歴史”キャラクターが出来上がったジェイの涙の映像が笑えると話しながら、一人で大爆笑。そして、「ジェイ君の黒歴史はいまからスタートです」と言うと、「もうすでにたくさん出ているよ」とメンバーたちからつっこまれ、またひと笑いが起こった。I-LANDERたちも思わずクスッとし、このトークパートの流れは張り詰めた緊張感がほぐれた瞬間だった。


この後は、また真剣モードに切り替わった「BTS」。メンバー発表を前に、JUNG KOOKは「いままで本当によくやってきたと思います。これからも自分が行けるところまで、頑張って上がっていってほしいです。そして、早く自分のカラーを見つけて、より多くの人にカッコいい姿をたくさん見せてほしいです」と期待を寄せた。

Vは「数分後には、グループメンバーが完成するわけじゃないですか。先におめでとうと言っておきます。そして、ステキなステージを見せてくれてありがとうと言いたかったです。本当にカッコよかったです。いつか機会があったら、同じステージに立ちたいですね」とし、RMも「本当にお疲れさまでした。僕は始まりと終わりはいつもつながっていると思っているので、メンバーになった方も、なれなかったI-LANDER、GROUNDERの方も、また別の始まりが幕を開けると信じています。いつか同じステージで、あるいはBigHitが龍山の社屋に移転するので、新社屋で会えたらいいですね」と言うと、JUNG KOOKが「諦めないでください。できますよ! 」と付け加えた。

そして、デビューメンバーが決定した後は、JIMINが「心よりおめでとうございます」とまずは「ENHYPEN」となった7人を祝福し、「デビューが決まった方も、今回デビューできない方も、きょうのことを覚えていれば、これから皆さんはどんなことでもできると思います。実はデビューは何でもないことです。デビューしたからといって、何かなるわけではありません。だから、皆さんがきょうのことを忘れなければ、やりたいことができるし、『ENHYPEN』と同じステージに立てる日が来ると思います。絶望せず、希望を持って頑張っていれば、結果はついてくると思います」と脱落したメンバーたちにも温かい言葉で勇気付け、JIMINの優しさがにじみ出ていた。

もちろん、この日の主人公はI-LANDERたちなのだが、別格の存在感を放っていた「BTS」。そんな「BTS」の愛情あふれるアドバイスは、「I-LAND」に参加した全ての志願者たちにとって、ここでの経験に加え、貴重な財産になったことだろう。





この記事が気に入ったら


wowKoreaのツイッターwowKoreaのフェイスブックwowKoreaのインスタグラムwowKoreaのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ

会社紹介お問い合わせ利用規約
プライバシーポリシー<バイト募集>

Copyright(C) AISE Inc.