WoW!Koreaコラム インタビュー

<Wコラム>BTS(防弾少年団)日本オリジナル新曲、美術セットに驚愕! MV制作の舞台裏

コメント

2020/06/28 18:50配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

先日公開され瞬く間に世界中のiTunes配信チャートにて1位を獲得した、BTS日本オリジナル楽曲の「Stay Gold」。本日はそのミュージックビデオで登場し印象的だった“ユートピア”シーンの美術・制作裏をピックアップ。

本日(28日)、韓国の有名アートカンパニー「MU:E」のアートデザイナーのインスタグラムに上がった「Stay Gold」ユートピアの美術セットの制作工程の写真が、世界各国のARMY(ファン)の間で話題になった。

公開されたその制作過程にはびっくり。



あまりに美しく、精密に見えた映像から、「CGだと思った」「どれくらいの労力が必要だったか」「歴代級」と、画像を見たファンからは驚きの声が上がった。

ユートピアの象徴となっている大きな木々を中心に無数の草花が埋め込まれたその美術セットに、先日日本のTVで放送された撮影のメイキング映像の中で、
メンバーのジョングクも「今までで撮影したセットの中でも5本の指に入る」と感動のコメントを残していたほどだ。

このユートピアのシーンは、今回のミュージックビデオ、ひいては今までBTSの表現してきた楽曲・ストーリーと繋がっており、重要な意味を持つシーンであるのではないかという説も。費用や制作時間を考えると深いため息が出そうだが、CGでは決して表す事のできない繊細さ・リアルさを、本物の花々・木々だから表現できていると感じる。それだけの価値のある映像を、日本オリジナル曲で披露してくれたことが嬉しくもある。



先に紹介した、美術制作・ディレクションを担った韓国のアートカンパニー「MU:E」は、「Spring Day」、「DNA」をはじめとするこれまでのBTSの数々のミュージックビデオのアートディレクションを担当している。カンパニー公式インスタグラム(@mue. artwork)をチェックすると、BTSの他、弟グループのTXT、Seventeen、IU、NCT127、SUNMIなど、K-popを代表する多数のアーティストのヒット曲を手掛けていることに驚く。K-popが好きな人なら、今まで見てきたミュージックビデオの多くをこの会社が手がけていると言っても過言ではない。
世界が注目し、感動する作品を制作する会社が自国内にある韓国のアート・芸術分野の技術力、音楽・エンターテイメント業界のビジネスとしての規模の大きさを改めて実感させられる。

K-popによって届けられるハイクオリティなコンテンツ。そこにはアーティストやアイドルたちとともに、いつもレベルの高いスタッフたちがいる。






この記事が気に入ったら


wowKoreaのツイッターwowKoreaのフェイスブックwowKoreaのインスタグラムwowKoreaのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ

会社紹介お問い合わせ利用規約
プライバシーポリシー<バイト募集>

Copyright(C) AISE Inc.