WoW!Koreaコラム インタビュー

【イベントレポ】「SUPERNOVA」、“平和観光広報大使”に就任! オリンピック競技場でカーリングも体験

コメント

2019/02/14 23:17配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

韓国出身の男性ダンスヴォーカルグループ「SUPERNOVA」が江原道(カンウォンド)平和観光広報大使に就任。

 2月9日(土)、韓国・江原道、江陵(カンヌン)カーリングセンターにて「SUPERNOVA」の江原道平和観光広報大使委嘱式が開かれ、メンバーのユナク、ゴニル、ジヒョク、グァンスが参加した。

【画像】江原道平和観光広報大使委嘱式に出席した「SUPERNOVA」

 「SUPERNOVA」は平昌オリンピック1周年を記念して開催されている「Again 平昌 Snow Festival」の江原道平和観光広報大使として、多様な江原道の魅力を知らせる予定。

 ユナクは「江原道平昌の平和観光広報大使になってすごくうれしくて光栄です」と、グァンスは「軍隊にいる時、軍隊の広報団として平昌冬季オリンピックの広報活動をしましたが、今回、メンバーとみんなで広報大使になってすごく光栄です」と感想を伝えた。

 委嘱式の直後には「SUPERNOVA」と共にするカーリング体験イベントを行った。実際にオリンピック競技を行った同じ氷の上に立った「SUPERNOVA」は緊張した面持ちで韓国代表出身のキム・ジソン上海カーリング協会監督の手本を見守った。

 ゴニルのストーン投げから「SUPERNOVA」の本格的なカーリング体験がスタート。氷の上で歩くことにすぐに適応した「SUPERNOVA」は、お互いにストーンを投げる人とスウィーパー役などを分担しながら積極的に参加し、会場はファンの歓声が響いた。

 「SUPERNOVA」は「皆さんが江陵まで来てくださいましてすごくうれしいです。今日楽しい時間を過ごし、いい思い出を日本に持って帰っていただければと思います。」とあいさつし、締めくくった。カーリング体験の後はファンミーティングを開催し、ファンと韓国での楽しい時間を過ごした。

 一方、「SUPERNOVA」は今年で日本デビュー10周年を迎え、積極的な活動を予告している。





この記事が気に入ったら