Wコラム インタビュー

【公演レポ~ハユン&スンヨン編】「MOMOLAND」、「CROSS GENE」、ソン・スンヨン、ソル・ハユン、「日韓交流おまつり 」K-POP シークレットコンサートに登場

コメント

2018/09/25 18:44配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

ことしで10回目を迎える日韓の文化交流の祭典「日韓交流おまつり 2018 in Tokyo」が、9月22日(土)・23日(日)の2日間、東京・日比谷公園にて開催された。

【画像】「日韓交流おまつり 2018 in Tokyo」~ソン・スンヨン&ソル・ハユン編

 多くの韓国人と日本人が一つになって作り上げていく、最大規模の日韓交流行事である「日韓交流おまつり」。「一緒につなごう 友情を未来へ」をスローガンに掲げ行われた今年の「日韓交流おまつり」は、韓服試着コーナー、韓紙工芸体験コーナーなど、韓国の伝統文化を体験できる催しや、両国の伝統芸能パフォーマンスやK-POPカバーダンスなどのステージも用意され、会場は1日中賑わいを見せた。

 出演者が当日までシークレットとなっていた23日のK-POPシークレットコンサートには、「MOMOLAND」、「CROSS GENE」、ソン・スンヨン、ソル・ハユンが登場。それぞれ熱いステージを繰り広げ、観客を楽しませた。

 トップバッターの「CROSS GENE」に続いて登場したのは、「次世代トロットの女神」とも呼ばれるトロット界のルーキー、ソル・ハユン。元気な声で「みなさん拍手ください! 」と言いながらステージに登場すると、こぶしの効いた歌声で「男は女を煩わせる」を歌い、会場のテンションを上げた。「初婚」では雰囲気を変え、情緒溢れる歌声を響かせた。

 「ソル・ハユンと申します! 」と流暢な日本語であいさつし、観客の関心を引くと、「母親が日本に住んでいたので、子供の頃からよく日本に来ていました。日本が大好きです! 寿司とっても美味しい〜! 」と笑顔で話し、「日本語が上手くしゃべれないけど、みなさんと目を合わせてコミュニケーションをとりたいと思います! 」と意気込んだ。実はガールズグループに入るため12年間練習生生活を送っていたというソル・ハユンは、「苦労知らずに見えるかもしれませんが、結構苦労しているんですよ! 」と明るく話し、「ステージに立てていることが、心からうれしいです」と感謝を伝えた。

 アイドル再起番組「THE UNIT」にも出演し、気さくな性格で雰囲気メーカーとしての魅力を見せていたソル・ハユンは、「次の曲を歌い終わったら、アンコールって言ってほしいです! 歌は準備してないですけど、ただアンコールが聞きたくて(笑)」と笑わせ、ムードメーカーぶりを発揮。また、「イ・ソニ先輩の『縁』聴きたいですか? 」と呼びかけ、そのままアカペラを披露し、ファンを喜ばせた。次の曲について、手のひらで押すのではなく、人差し指で上からそっと押すのだとし、振り付けをレクチャーすると、日本語で「みなさん、拍手ください〜! 」と煽り、「押してください」のステージへと突入。手拍子が起こる中、突き抜けるような歌声で会場の雰囲気を熱くした。観客からアンコールの声が上がると、最後はトロットとEDMミックスさせた曲、キム・ヨンジャの「アモールファティ」。客席に降りてファンと握手したりと、サービス精神旺盛な姿で情熱的に歌い上げた。最後は「愛してる」とサ

ランへポーズで締め、次のステージへと繋げた。

 3組目に登場したのは、KBS第2「不朽の名曲」で7回優勝、MBC「覆面歌王」では女性の歌王として初めて8連勝という大記録を立てた、実力派アーティストのソン・スンヨン。

 「Let it Go」、「染まる」と、始まりから抜群の歌唱力を見せ、観客を釘付けにした。歌い終わると、「ソン・スンヨンです。お会いできてうれしいです」とあいさつ。日本に来るのが初めてだというソン・スンヨンは、日本のファンの前でステージをしてみて「集中して聴いてくれて、うれしいです! 私は歌う時、口をすごく大きく開けるので、奥歯まで全部見えちゃったと思います(笑)」と笑った。

 現在韓国でコンサートツアー中だが、「いつか日本でもツアーをしてみたいです! 」とうれしい言葉を放ったソン・スンヨン。「バラード歌手と言われますが、私自身いろんなジャンルが好きなので、楽しめる曲もお聴かせしたいと思います! 」と、ステージに期待を持たせると、「ストーリーを歌に込めて、歌いたいと思います! 」と次の曲へ。「みにくいアヒルの子」では、迫力のある歌声に、思わず聴き入る観客。歌が終わると会場には大きな拍手が響いた。ソル・ハユンの時と同様に、すぐさま観客からアンコールが起こると、ソン・スンヨンは可愛らしい笑顔を浮かべ、「警告」へと続いた。クールな歌声でラップまでこなしながら、コールアンドレスポンスで会場の熱気を高め、多様な音楽性で観客を楽しませた。






この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.