Wコラム インタビュー

【公演レポ】ノ・ミヌ、カムバックコンサートでファンの声に「ただいま! 」

コメント

2018/09/11 21:51配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

ことし7月に軍生活を終えて除隊したノ・ミヌが、9月6日(木)東京・新宿ReNYにて、カムバックコンサート「MINUE Comeback Concert "Dream Baby Dream"」を開催した。

【画像】「MINUE Comeback Concert "Dream Baby Dream"」

 歌手、俳優として活躍し、韓国のみならず、日本、中国など海外でも多くのファンをもつノ・ミヌ。現在新しいアルバムの発売も準備中だとし、また俳優としての復帰にも期待が寄せられている。

 公演当日は、ノ・ミヌとの再会を待ちに待ったファンたちが駆けつけ、開演前から会場は熱気で包まれた。

 幕が開けると、ステージにはフリルシャツにジャケットを合わせ王子様のようなノ・ミヌの姿。幻想的な音色を奏でるノ・ミヌのピアノの音に、重低音のバンドサウンドが重なっていき、両手をバッと広げノ・ミヌが歌い出すと会場は瞬く間にヒートアップ。ギターを手にし、「The Midnight Romance」へ移ると、魅力的な視線を送り観客を釘付けにし、「GRAVITY(Pop ver.)」では、ゆったりとリズムに乗りながら、甘い歌声で会場を包み込む。

 「こんばんは。ミヌです」とあいさつすると、次の曲のコールアンドレスポンスを促し、ファンの揃った声に「そういう感じで、コーレスしてほしいです。みんなできる? 」と優しい声で問いかけた。ファンたちが歓声で応えると「On my own」が始まった。ジャケットをはだけさせセクシーさを放ったり、バラを投げたりしながら歌い、ファンとのコールアンドレスポンスでは一体感が生まれた。

 「Snake eyes」では、ロック全開のエネルギー溢れるステージ。観客煽り、熱気を高めると、「We rock」へと続き、会場をさらに熱くした。「Take Me High」をのびやかに歌い上げると、穏やかな歌声で「I‘m Not OK」を届けた。

 ゼブラ柄のシャツに衣装チェンジして、再び登場したミヌは、「Trust Me」「Jupiter」と、バラード曲でファンの耳を癒した。情熱的なギターパフォーマンスを見せると、「Kill The Mind」を披露し、季節外れな「メリークリスマス! 」と一言放ったノ・ミヌは、ウクレレを演奏しながら「Sorry」で会場を和やかな雰囲気に。

 歌い終わると「おかえり~」というファンの声に、「ただいま~」と返すノ・ミヌ。「2年間どうでした? 」と問い、「久しぶりに会ったら、気合いがなくなったんじゃない? 」とファンをいじりながらも、「ジャンプしなくてもいいんだよ。ジャンプが大事じゃなくて、心が大事! 」だとフォロー。ノ・ミヌがファンの歓声を求めると、イヤモニを外し、大きな声で歓声を上げるファンの声をじっくりと確認。「ちょっと力が弱くなってるけど、ミヌがこれから戻してあげるよ! 」と言い、コールアンドレスポンスを重ねると、「ちょっと戻ったね! (笑)」といたずらな笑顔を見せた。

 「次の曲はみんなのために歌った曲です。もしよければ、一緒に歌ってほしいなと思います」と言い、「Believe」がスタート。アコースティックギターの音色に乗せ歌うノ・ミヌに続き、ファンたち歌うコーラスが響き、会場は一体となった。

 エレキギターに持ち替えると「It’s my life」へ。会場は再び熱気が立ちこもり、続く「GRAVITY」では、さわやかに突き抜ける歌声でステージを披露。最後はコーラスを歌うファンの歌声を感じるように、そっと耳を傾けるノ・ミヌ。「みんな〜本当にありがとう! 」と叫び、投げキスをし、ステージを後にした。

 アンコールでは、ライブTシャツを身にまとい、ファンから受け取ったバラを手に、「Bad girl」をパフォーマンス。ファンと目を合わせたり、コミュニケーションをとりながら歌い上げた。

 「あのね、実は軍隊行く前に、仲良くなった友達がいたんですよ」と話し出すノ・ミヌ。その友人と連絡が取れなくなり、仕事も辞めてしまったと聞き心配していたら、除隊前にやっと連絡が繋がったのだそう。実はその友人は闘病していたが、今は回復し、連絡をくれ、今回の公演を見に来てくれたのだと話した。すると、友人をステージに呼び込むノ・ミヌ。人生の中で、ステージで歌ってみたいと話していた友人のため、ノ・ミヌはギターでサポートしながら、即興で音を合わせ、友人の歌声とともに特別なステージを届けた。舞台を去る時「永遠に忘れられない思い出をありがとう」とノ・ミヌに伝えてくれたと、友人の言葉を明かし、会場は温かい雰囲気に包まれた。

 「カムバックコンサートに来てくれてありがとうございます。これから、ちゃんとプロとして、見せていきたいと思います! 」と感謝を伝えると、最後に「聞いてください。心から…『Beautiful day』」と「Beautiful day」へ。ファンの歌声に重ね、語りかけるように言葉を並べながら、気持ちのこもった歌声を響かせた。ノ・ミヌとファンが作り上げる歌声の余韻を残しながら、公演の幕を閉じた。





この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.