Wコラム インタビュー

【個別インタビュー】ナム・テヒョン率いる「South Club」、自由で飾らない弾けたライブが魅力! 日本公演や欧州ツアーのエピソード&メンバーの酒癖も公開!

コメント

2018/09/10 22:12配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

ナム・テヒョン率いるバンド「South Club」が8月31日と9月1日、東京・HY TOWN HALLにて、3公演のライブ「2018 SOUTH CLUB LIVE in TOKYO」を開催。前回6月に大阪、名古屋、東京を巡った初の日本ツアー以来となる公演で、今回も集まった多くのファンを熱狂させた。

【画像】「2018 SOUTH CLUB LIVE in TOKYO」

 「South Club」は、「WINNER」での活動を経てソロとしてアーティスト活動をスタートしたナム・テヒョンが2017年に結成。リーダーでボーカルのナム・テヒョンをはじめ、ギターのゲック、ドラムのチャン・ウォンヨン、ベースのナム・ドンヒョンで編成された4ピースバンドだ。

 今回の公演でも、ファンと一体となって熱く盛り上がれるノリノリの曲から、悲しいバラード、ナム・テヒョンのソロステージなど、さまざまなジャンルの曲を次々と披露。曲によって歌唱法を変えながら、自由に音楽を楽しんでいるナム・テヒョンの歌声が、心地よく耳に響いた。さらに、ナム・テヒョンはカリスマ性あふれるカッコいい姿だけでなく、「歌詞を忘れちゃった」と茶目っ気たっぷりに笑って演奏を止め、「これもライブの醍醐味」ともう1回歌い直すという人間味あふれる姿も。そして、観客と近い距離でコミュニケーションをとり、撮影OK曲も盛り込むなど、ファンを喜ばせる演出も盛りだくさんだった。

飾らない魅力と才能をステージで存分に弾けさせていた「South Club」 。そんな、いま注目のバンドである彼らに初めて会い、素顔に迫った! 


Q.まずは自己紹介からお願いします! 

ゲック:「South Club」のギター担当カン・ゴング(本名)と申します。(活動名は)ゲックです。自分の魅力は……。
ナム・テヒョン:(ゲックは)天然なところがあります。
チャン・ウォンヨン:僕はドラムのウォンヨンです。僕の魅力は人とすぐに仲良くなって、いつも周りを楽しくできる能力を持っています(笑)。
ナム・テヒョン:僕はナム・テヒョンです。僕の魅力はすごくたくさんありすぎて、ここでは全部言うことができないです(笑)。だから1つ挙げるとしたら、ずっと見ていたくなる魅力があると思います。
ナム・ドンヒョン:僕はベーシストのナム・ドンヒョンです。僕の魅力は優しいところです。


Q.「South Club」はどんなバンドなのか、紹介をお願いします。

ナム・テヒョン:即興的なバンドで、実際にライブを見ていただくと、もっと僕たちの音楽が伝わるんじゃないかなと思います。音楽としては、当たり前かもしれませんが、ジャンルにとらわれず、自分たちのやりたい音楽、自由な音楽というのを届けていきたいです。


Q.普段はどんな風に練習をしているんでしょうか? 

ナム・テヒョン:練習をするときは、僕の方から集まろうと声を掛けて、みんなで作業室に集まったら、意見交換をして、たくさん話し合いをして、というのを繰り返しています。そして、お腹が空いたら、簡単に食べられるチキンをみんなでよく食べます(笑)。


Q.ナム・テヒョンさんとナム・ドンヒョンさんは実の兄弟なんですよね。似ているとか言われますか? 

ナム・テヒョン:人によって、反応が違います。似ていると言う人もいるし、似ていないと言う人もいるし。性格は似ていないです(笑)。
ゲック:僕から見ると、目つきが似ていると思います。
チャン・ウォンヨン:あと、声も似ています。
ゲック:そして、性格は2人とも個性が強いです(笑)。


Q.ナム・テヒョンさんとナム・ドンヒョンさんは兄弟であり、同じバンドのメンバーでもありますが、良い点と悪い点を挙げるなら? 

ナム・テヒョン:コミュニケーションがよくとれるのが良い点で、悪い点は特にないんですけど、悪いことは………、(ドンヒョンに)お前が言って。
ナム・ドンヒョン:僕は個人的に、兄貴から学べることが多いというのが良い点で、悪い点は僕も特にないです。


Q.兄弟ゲンカをすることは? 

ナム・テヒョン:ケンカするほど、仲良くないです(笑)。バンドのメンバーともそうです。みんなそこまで仲良くないんで(笑)。
ゲック:みんな仲はいいんですけど、個人主義っていうか。個々にしたいことがあって。
チャン・ウォンヨン:みんな思いやりがあって、お互いを気遣っているんです。
ナム・テヒョン:だから、結局このバンドは、お互いに関心がないんです(笑)。


Q.一番年下のナム・ドンヒョンさんは末っ子で大変なことなどはありますか? 

ナム・ドンヒョン:あんまりないんですけど、あえて言うなら、僕が荷物をたくさん持つこと。
ゲック:えっ!? みんな持っているけど? 
ナム・ドンヒョン:だから、みんなより“ちょっとだけ”多めに。
ナム・テヒョン:ハハハ、嘘ですよ。


Q.ナム・テヒョンさんは、韓国の番組に出演したとき、バンド活動をするようになって、以前とは違ってリーダーなので、話す量が増えてうれしいと言っていましたが。

ナム・テヒョン:その話は、番組の流れの中で、冗談っぽく面白く言ったのが、良い点として受け取られたもので、リーダーとして、以前とは違って良い点は、まず自由なプライベートの時間が増えたことです。だから、プライベートも充実するようになって、1人でいろいろと考えるようになったのと、普段はよく話す方ではないんですが、番組に出たときは、話をまとめて伝えるのが僕になることが多いんで、トーク力も上がっているんじゃないかなと思います(笑)。


Q.4人の中で、よく話す人というと? 

ゲック:やっぱりテヒョン。
チャン・ウォンヨン:そして、テヒョンの次は僕かな。
ナム・テヒョン:(ウォンヨンは)グループの中で、ムードメーカーでもあります。


Q.日本での公演は6月以来となりますが、今回の公演はいかがでしたか? 

チャン・ウォンヨン:楽しかったです。以前の日本の公演では、ファンの皆さんが、アーティストを気遣ってくれている印象を受けたんですけど、今回は一緒に遊んでいるような感じがしました。いままではじっと見ていたのが、今回は一緒にジャンプをしたり、ノリノリで弾けた感じで。だから、すごく楽しかったです。


Q.確かにライブではノリノリで、積極的に楽しんでいるファンの方が多かったですね。

ナム・テヒョン:ラクに見ていただけるようになったんだと思います。


Q.日本のファンにはどんな印象をお持ちですか? 

ナム・テヒョン:まずはすごくマナーがよくて、恥ずかしがり屋な人が多いように思います。それが可愛い(笑)。
ナム・ドンヒョン:確かに可愛いなと思いました。
ナム・テヒョン:それから、最近は隠れていたエネルギーが本当にすごいなと思いました。


Q.日本でも本格的に活動を始めていますが、皆さんにとって日本ってどんな国ですか? 

ナム・テヒョン:たくさん来ているんで、海外というより、韓国の地方に行くというような感じで、馴染み深さを感じています。そして、食べ物がおいしいです。毎回たくさん食べ過ぎてしまうんで、太らせる国ですね(笑)。


Q.最近ハマっている日本の食べ物というと? 

ナム・テヒョン:最近はつけ麺が好きです。行きつけの店というのは特にないんですけど、いろいろ行っていて、一蘭も好きですね。
ナム・ドンヒョン:僕は、1回しか行ったことがないんですけど、ペッパーランチにハマりました。
チャン・ウォンヨン:僕はもつ鍋。韓国には“以熱治熱”という言葉があって、暑さを乗り切るために、熱いものを食べるので。
ゲック:僕は串焼きとお寿司です。


Q.ことしは4月からイギリス、スペイン、フランス、ドイツなどを回るヨーロッパツアーもされていましたが、印象的だったエピソードなどがあれば教えてください。

ナム・ドンヒョン:パリでタクシーに乗ったんですが、その運転手が男性だったんですけど、僕に興味を持って、バックミラーでチラチラ僕のことを見ながら、「助手席に座って」って。ずっと誘われて、かなり大変でした(笑)。
ナム・テヒョン:僕はドイツのケルンに行ったとき、ケルン大聖堂に行ったんですけど、すごく感動しました。
チャン・ウォンヨン:僕はロンドンのアビー・ロード・スタジオに行ったとき、感激しました。ビートルズは僕が大好きなアーティストなので。普段はあんまり自撮りをしないんですけど、すごく気分が良くて、自撮りをしました。インスタに写真をアップしているんで、ぜひ「いいね」を押してください(笑)。
ゲック:僕はスペインが一番良かったです。食べ物もおいしかったし、お酒もたくさん飲んだし。だから、スペインでは酔っ払った記憶が一番残っています(笑)。


Q.普段からメンバーの皆さんはお酒をよく飲むんですか? 

ゲック:ハイ! 


Q.それぞれ、どんな酒癖がありますか? 

ゲック:酔っ払うと、やたらと周りに許可をもらい始めます(笑)。「これ食べていい? 」、「トイレに行っていい? 」とか。周りがうっとうしくなるぐらい言いますね。聞かずにやればいいのに、何度も聞いてしまうんです。
チャン・ウォンヨン:僕の場合は、酔っ払うと目がトロンとなって、ロレツが回らなくなるというぐらいで、周りに迷惑はかけないです。
ナム・テヒョン:僕は相手にたくさん飲ませます。僕だけ酔っ払うわけにはいかない、という気持ちになって。
チャン・ウォンヨン:その被害者が僕です(笑)。
ナム・ドンヒョン:僕は兄貴が飲ませようとしたら、飲むフリをしながら、その場から逃げます(笑)。


Q.では、最後に今後の活動計画を教えてください。

ナム・テヒョン:まずは10月中旬頃にニューアルバムがリリースされると思います。そして、11月にはまたヨーロッパツアーを計画しているし、日本には10月末頃にまた来ると思いますので、これからも応援よろしくお願いします。


 ライブの合間を縫って、短い時間ながらも、快くインタビューに応じてくれた「South Club」。特に、ナム・テヒョンはトレードマークの八の字眉毛の笑顔を終始浮かべ、メンバーが言葉に詰まると、助け舟を出し、逆に自分が言葉に詰まると、誰かに話を振るなど、自由奔放な姿を見せ、インタビューでも話していたが、まさに“ずっと見ていたくなる魅力”の持ち主だった。

 バンドとしても、まだまだ知られざる魅力、そして新たな発見がたくさんありそうで、ますます大きく成長していきそうな予感。「South Club」のさらなる活躍、今後の活動も要チェックだ。





この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.