Wコラム インタビュー

【公演レポ】「U-KISS」、ファン愛にあふれた2年ぶり夏ツアー大成功! 「僕ら4人、そしてスヒョンさんは『KISSme』のことが大好き! 」

コメント

2018/09/04 19:24配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

8月28日に結成10周年を迎えた「U-KISS」が、約2年ぶりとなる夏ツアー「U-KISS JAPAN LIVE TOUR 2018 ~Burn the SUMMER~」のファイナル公演を8月30日(木)東京・豊洲PITにて開催。会場を埋め尽くした「KISSme」(=「U-KISS」のファン)を前に、4人でのパフォーマンスはもちろん、ユニットステージ、ファンの投票を元に選曲されたメドレーなど、“ファンが聴きたい曲”にこだわったセットリストで、熱いステージを繰り広げ、大成功でツアーを締めくくった。

【画像】「U-KISS JAPAN LIVE TOUR 2018 ~Burn the SUMMER~」のファイナル公演

 この日の2部公演は、オープニング映像の後、大歓声と熱気に包まれる中、メンバーが登場し、大人のセクシーさが漂う「Stalker」、キャッチーな“フルートダンス”の「Beginning」で、息の合ったキレキレのダンスを披露しながら、一瞬でファンの目を惹きつけ、カッコよく幕を開けた。

 そして、「カッコいい『U-KISS』のあいさつをもらってください(フン)」と全員で「こんばんは。『U-KISS』です」とあいさつした後、「KISSmeは誰が守りますか? (客席から「フン! 」の声)フンです。よろしくお願いします」、「皆さん元気ですか? 私は世界中で一番イケメンになりたいジュンと申します」、「(声を張り上げ)皆さん、クレイジーになりましょうか~! 僕は『U-KISS』の? (客席から「イライ」の声)ありがとうございます」、「キソプは毎回最後で、めっちゃ荷が重いです(笑)。僕は皆さんの心に住みたいキソプです! 」とそれぞれがファンとコミュニケーションを図りながら、個性豊かに自己紹介。

 さらに、今回のコンサートのサブタイトルは「Burn the SUMMER」だが、メンバーたちの発音を聞いて、“バンザさま”だと思っていたというイライが、「バンザさまは誰ですか? 」と珍発言する空耳ネタで、ひと笑い起こし、会場を和やかムードにした。

 ダンスナンバー「FEEL IT」で、さらに会場を熱くした後は、スクリーンにメンバーたちが企画したVTRが流れた。「弟たちを引っ張ってくれたスヒョンさんのためにも、応援してくれた『KISSme』のためにも、もっと完ぺきなステージを見せないといけないですね。頑張りますので最後まで見守ってください」(フン)、「こんな暑い日々を過ごしているスヒョンさんのために、僕たちが一生懸命完ぺきなステージを作りたいです。早くスヒョンさんに会いたいですね」(イライ)と現在入隊中のリーダー、スヒョンへの想いも明かし、現在「UNB」としても活動中のジュンは「2年ぶりの夏ツアーなので、成長した姿を皆さんに、兄貴たちに見せたいです。今回は『U-KISS』の末っ子ジュンとして頑張ります」、キソプは「皆さんに会いたくて、皆さんのことを思ってたくさん練習頑張りました。僕は皆さんの心のナンバーワンではなく、オンリーワンになりたいです」と今回の夏ツアーにかける意気込みを伝えた。

 ステージに戻ってきた4人は、ファンの投票を元に選曲し、キソプがアレンジしたというメドレーコーナーに。「Brave」、「Thousand Miles Away」、「Shape of your heart」、「She‘s Mine」を披露した後、余韻にひたるメンバーたち。キソプが「She’s Mine」の歌詞「ネ ヨジャラン マリヤ」(=俺の女なんだよ)の部分をアカペラで歌ったのを皮切りにフン、ジュン、そして「これオーディションですか? 」と苦笑いするイライも続き、ファンを胸キュンさせた。

 続いて、キソプが作詞作曲した「FLY」で、しなやかさとダイナミックさが入り混じった華麗なダンスを、「SOMEDAY」では一人ひとりの甘い歌声をじっくり聴かせた。ところが、「SOMEDAY」の最後のパートで、ジュンがハモリを忘れてしまったことを自ら申告し、改めて4人で美しいハモリを披露した。

 「『KISSme』が幸せになるなら、何でもやります(フン)」というメンバーたちは、自分のコンセプトを1部とは変えると宣言。キソプは1部ではセクシーだったので2部では可愛く、フンも1部ではカッコいいコンセプトだったので、2部では可愛く、ジュンは1部では可愛いコンセプトだったので、2部ではカッコよく、イライは1部ではロボットだったので2部では人間になると話し、トークでもファンを楽しませた。

 次は「心で聴いてください」とライブで人気のスローバラード「0330」、イライとジュンの力強いラップが際立つ「Rock Me」を経て、再びVTRでは、メンバーたちのヘン顔写真が公開に。ボーナスとして、スヒョンのヘン顔写真まで公開され、会場には笑いと歓声がわきあがった。

 ここからはユニットステージへ。まずは“2U”のキソプとフンから。スタンドマイクを使ったパフォーマンスが見どころになっているキソプ作曲の「Train」を歌った後、フン作曲の「Milk Tea」では、間奏中にフンがキソプに何やら耳打ちをしたかと思ったら、キソプがフンに抱き抱えられ、愛嬌を見せるというファンサービスも。2部では可愛い姿を見せるという公約をさっそく実行し、曲が終わった後は熱いハグをして、2人の友情を垣間見せた。

 続いて登場したのは「U-KISS」のラッパー、イライとジュン。「DAMN! 」でラッパーの本領を発揮し、カッコよく会場を盛り上げた後、「baby touch me」を2人ならではのカラーで表現。特に、ステージを楽しんでいるジュンの無邪気な笑顔が印象的で、2曲を歌い終わった後、2人も熱いハグをして、お互いを称えあった。

 コンサートも終盤に入り、メンバーたちがあと2曲だと告げると、「えー!! 」と名残惜しそうにするファンたち。すると「3部は夢で。続きをしましょう」(ジュン)、「3部の夢では100曲歌ってあげます」(フン)とセンスあるロマンチックな返しで、ファンの気持ちをなだめ、キソプが作った、ファンへの感謝の気持ちを込めた「Compass」、人気ダンスナンバー「NEVERLAND」で本編終了。

 「U-KISS」コールを受け、再び登場したメンバーたちは、“クリックダンス”の「No Regret」でアンコールに突入した。今後の活動について、11月11日に韓国でファンミーティングを開催することなど、いくつか告知をしていき、完成したばかりだというニューシングル「SCANDAL」(10月10日発売)のPVも初公開。「『SCANDAL』では4人でセクシーなダンスをします」(キソプ)、「10月の活動ではフルバージョンのダンスを見せるから『KISSme』のみんな、楽しみにしてくださいね(フン)」と期待を高めた。

 そして、最後のステージに行く前に、1人ずつ感想を言っていくメンバーたち。まずはスタッフに感謝の言葉を述べたイライは「僕たち10周年ですけど、皆さんも10年間、お疲れさまでした。今回の夏ツアーのため、僕たちは4人で、いろいろ考えましたが、皆さんの反応がよくて、“あ~、4人でできるな”と思ったし、もっともっとやりたいです。6回公演では足りないです。いつも心から感謝しています。もう10年経ちましたが、これからがまたスタートだから頑張ります。『U-KISS』のために、『U-KISS』のイライとしてもっと頑張りたいです」と決意を新たにした。

 ジュンは「2年ぶりの夏ツアーだから、用意しながら心配したこともたくさんあったし、実は不安、緊張がたくさんありました。でも、そのジュンを引っ張ってくれた兄貴たちに感謝したいです。ありがとうございます(と3人に頭を下げる)。そして、ジュンは行ったり来たりしていますが、今回の……」と言葉に詰まり、涙を必死にこらえながら「今回のコンサートで、初日公演から感じていました。“家に帰ってきた気分”だと。10周年、本当におめでとうございます。そして、10年間『U-KISS』のことを守ってくれて本当にありがとうございます。誰が何を言っても、僕は『U-KISS』のジュンだから。皆さんの記憶に永遠に、『U-KISS』の末っ子ジュンとして残りたいです。これからも末っ子として頑張りますので、期待してください。そして、『U-KISS』の活動もよろしくお願いします。ありがとうございます」と力強い口調で笑顔を見せ、グループへの愛情を示した。

 「まず、いまジュンさんが話しているときに、すごく胸がキュンとなって、本当に大人になったと思いました」と末っ子の成長を喜んだキソプは「10年間、皆さんにいい思い出をプレゼントしたかったのに、心配とか不安にさせて本当に申し訳ないです。でも、これからはずっと“幸せ”という単語を皆さんにプレゼントしたいです。僕たちは皆さんがいるからここにいます。だから、皆さんと会うのがめっちゃうれしいですね。これからは皆さんともっと笑顔で会って、もっと楽しく、家族、友達みたいな近い関係になりたいです。『KISSme』の皆さん、その笑っている姿そのまま僕たちのそばにいてください。よろしくお願いします」と彼らしい優しさを見せた。

 最後にフンは「まず今回の夏ツアーで、『U-KISS』にとても大きな幸せをくれてありがとうございます。今回名古屋、大阪、東京を回りながら一番感じたのは、『KISSme』はそれぞれのメンバーが好きだけど、『U-KISS』そのものが好きなんだなということです。今回のツアーには、スヒョンさんのファンの方たちも来てくれたし、元メンバーのファンの方たちもいっぱい来てくれて(笑)。『KISSme』は『U-KISS』そのものが好きなんだなと感じました」とここまで支えてくれたファンに感謝し、「『KISSme』の笑顔とか幸せな気分もいっぱい感じて、今回の夏ツアーは大成功だと思います。だから、スヒョンさんが戻ってきたら僕ら4人、自信持って、“スヒョンさん、『KISSme』と『U-KISS』は僕らがちゃんと守りましたよ”って言えます。そして、これからもずっと『U-KISS』のそばにいて、『U-KISS』が『KISSme』を守らせてください! 『KISSme』を守り続けるのが、『U-KISS』が永遠に目指していることです。これから『U-KISS』は『KISSme』がいる限り、終わらないから、これからも『U-KISS』のことを、そして『U-KISS』のために頑張ってくれるスタッフの皆さんのことを『KISSme』がちゃんと愛してください。『KISSme』の皆さん、僕ら4人は、そしてスヒョンさんは『KISSme』のことが大好きです! 」と話すと、会場からは大きな拍手が起こり、感動的な温かい雰囲気に包まれた。

 そして、「ヘイ! 」の掛け声を練習してから、ライブ定番曲「Man Man Ha Ni」で会場が一つになり、ラストは彼らの初期曲となる韓国1stアルバムからダンスチューン「Without You」を披露。メンバーたちは首に巻いていたタオルを客席に投げ入れるなど、最後までファンと目を合わせながら、会場を盛り上げ、「『U-KISS』の夏ツアー、一緒に楽しんでくれて、幸せにしてくれて、ありがとうございました! 『KISSme』の皆さん、大好きです! 」と「KISSme」愛を爆発させ、幕を閉じた。

 現在4人で活動し、ソロ活動も多いが、やはり「U-KISS」は5人なんだなと、改めて感じさせられたと共に、時を経ても、人数が変わっても、色褪せないパフォーマンスに、10年活動してきたグループとしてのプライドのようなものも感じた。ことしは盛りだくさんに活動していくと話していた「U-KISS」。次は15枚目のシングル「SCANDAL」を引っさげ、どのような姿を見せてくれるのか、ますます楽しみだ。





この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.