Wコラム インタビュー

【公演レポ】「ASTRO」、新曲にユニットステージ、カバーステージで東京公演も大盛況

コメント

2018/08/23 23:49配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

東京・大阪・名古屋の3都市で開催の「ASTRO」の日本ツアー「2018 ASTRO Live Tour “ASTROAD II” in Japan」の東京公演が、8月7日(火)、8日(水)の2日間、東京・Zepp Tokyoにて行われた。
日本でしか味わえない特別なステージやVCRも用意され、最後まで大盛り上がりとなった。

【画像】「2018 ASTRO Live Tour “ASTROAD II” in Japan」

 東京初日はオープニング映像が流れ出すと、一気に歓声が鳴り響き、すでに熱気が立ち込める会場。観客のテンションが上がる中、紺のジャケットに白のパンツを合わせた衣装のメンバーたちが姿を現わすと、1曲目「Every Minute」が始まった。軽快なパフォーマンスで弾みをつけると、そのままの勢いで「Dream Night」、「Baby」と続き、ファンの掛け声も相まって、瞬く間にヒートアップ。「Again」では、切ない歌詞に乗せ力強く表現した。

 あいさつを済ますと、「『“ASTROAD II” in Japan』東京へ、いらっしゃいませ~」とポーズも揃えて、元気に呼びかけるメンバーたち。「おったまげ~『AROHA』(=「ASTRO」のファン)に会いに、韓国から飛んで来ました! 『ASTRO』のビジュアル、JINJINでーす」、「悩殺スマイル、健康的な男、MOON BINです」、「えくぼが魅力の男、ROCKYです」、「声まで魅力の『ASTRO』の中で1番イケメン、CHA EUN-WOOです」、「僕は可愛い『AROHA』のハート泥棒、YOON SAN-HAです」、「今日も目が離せません! 魔性の男MJです」と自己紹介を終えると、台風で足元が悪い中駆けつけたファンに「雨大丈夫でしたか? 」と心配するメンバーたち。MOON BINは「天気に負けないで、頑張りましょう! 」と意気込んだ。

 公演前日は日本でオフを過ごしたとし、MOON BINは、メンバーとラーメンを食べに行き、ドンキホーテで靴下を買ったと話し、YOON SAN-HAは「地下鉄に乗って、渋谷駅まで行きました! 」とのこと。MJとCHA EUN-WOOは、たこ焼きを食べたり、ウィンドウショッピングを楽しみ、JINJINは「家族に会って、新宿まで行きショッピングをしました。屋台でハイボールも飲んで、楽しい時間を過ごしました」と、それぞれの過ごし方を明かした。

 「いきましょうー! 」と声を上げ始まったのは、スペシャルミニアルバム「Rise Up」のタイトル曲「Always you」。今までの「ASTRO」とは一味違った、大人な魅力を放ち、「Call Out」では、アップテンポで爽快なステージを届けた。

 「ASTRO」の彼女気分が味わえるVCRでファンの興奮を高めると、パープルの衣装に着替えたメンバーたちが「You Smile」で再びステージに登場。「Cotton Candy」、「Colored」と続き、さわやかで可愛らしいパフォーマンスで、ファンを楽しませた。

 アメリカ人キャラに扮したJINJINが、キム・ボムスの「I Miss You」を熱唱し笑わせたり、MV撮影前日にメンバーで作ったという振付を、JINJIN、MOON BIN、ROCKYの3人が踊って見せたりと、トークタイムで盛り上がった後は、MJ、CHA EUN-WOO、YOON SAN-HAのユニットステージへ。秦基博の「ひまわりの約束」で優しく温かみのある歌声を会場に響かせ、間奏ではファンへのメッセージを入れたり、「本当の幸せは『AROHA』だけだから」と歌詞を変えたりしながら、想いを伝えた。「Better with you」を感傷的に歌い上げると、「Stay with me」でファンを魅了。しなやかなパフォーマンスで「Star」を披露し、ダンスステージへと移った。目隠しを着け妖艶さを放ちながら踊るMOON BIN、丁寧でキレのあるダンスのJINJIN、パワフルで男性美を感じさせるROCKYと、それぞれソロダンスで観客を釘付けにすると、3人揃ったダンスでさらに会場を熱くした。

 プレスコで日本の映画やドラマを再現したVCRが流れ、役になりきったメンバーの表情演技で会場が笑いに包まれると、星野源の「恋」に合わせメンバーたちが登場。ダンスも完ぺきにコピーし会場を沸かし、「嵐」の「Happiness」のカバーステージでは賑やかなステージに観客は大盛り上がり。最高潮の雰囲気のまま「Confession」を歌い上げた。

 ドラマの役の格好で歌うのはどうか、ボーカルメンバーがダンスステージをするのはどうかと、次回の特別ステージについて提案し花を咲かせていると、ROCKYのソロダンスを真似して踊り出すMJ。ROCKYのダンスと見比べてみても、クセの強すぎるダンスで、観客の笑いを誘った。

 ゆったりと踊りながら柔らかに「Run」を歌うと、アウトロでは「大好き! 」、「めっちゃ愛してる! 」などとファンへの愛の言葉を贈り、「Crazy Sexy Cool」では、熱くパフォーマンス。

 公演も終盤を迎えるも疲れを見せないメンバーたちは「今日は全然疲れてないです! なぜなら、昨日高麗人参を食べたからです! 」と元気の秘訣を明かし、「本当に楽しかったです。ありがとうございます」と改めて感謝を示した。「次の曲は『AROHA』への僕たちの気持ちです」とJINJINが言い始まったのは、「Real Love」。ファンを見渡し、目を合わせながら、気持ちを込めて歌い上げた。

 本編最後の曲を終え「本当に残念です〜」と惜しむメンバーたちだったが、「僕たちアンコールがあります! (笑)」、「すぐに戻りますね! 」、「後で会いましょう! 」と率直に予告し、ステージを後に。

 アンコールでは「Hide & Seek」、「Polaris」で再び会場のテンションを高め、最後にメンバー1人ずつあいさつ。

 「後ろにいらっしゃる方まで、一緒にジャンプしてくれてありがとうございます! 視力は0.3ですが(笑)、ステージの上から落ちる直前まで行って見えました! 今回のツアーも残りあと1公演ですが、怪我せず、楽しくできそうです。ありがとうございました! 」(ROCKY)

 「毎回公演の度に、できるだけみなさん一人一人と目を合わせ、みなさんが心で感じていることを感じとろうとしました。僕たちのことを好きだという、みなさんの気持ちから、好きな気持ちを勉強したり、いろんなことが学べた気がします。僕たちが好きで涙まで流してくださる姿を見ると、みなさんの心が満たされるような歌手になりたいと思います! 今日は来てくれてありがとうございました。本当に、本当に愛してます。」(JINJIN)

 「昨日もショッピングしている時に急に雨が降ってきたので、台風で今日もし『AROHA』のみなさんが来られなかったらどうしようと思いましたが、大勢のみなさんが来てくださったので、本当にうれしいです。昨日渋谷に行った時、日本で初めてCDショップにも行ってきたのですが、不思議な感じもしましたし、僕たちもっと頑張らないといけないと思いました。いつも与えられたチャンスを軽く思わずに、責任感を持って臨むASTRO』になります! 」(CHA EUN-WOO)

 「天気があまり良くなくて心配していたのですが、こうして会いに来てくれて、みなさんの姿を見れてありがたく思います。今日はなぜか少し緊張していて、始まる前みなさんの姿が見えて、待機中に口がパサパサでした(笑)。今は大丈夫だけど! でもスタートする時の感じは忘れられないです。みなさんの視線や表情が僕たちに届くと、ステージがキツイと思っても頑張らないといけないと思います! いつも身体に気をつけてご飯をちゃんと食べてくださいね! 今日は楽しかったです。ありがとうございます! 」(MOON BIN)

 「僕たち昨日飛行機に乗って来ましたよね。(「話を作ってますよね? 」、「嘘つき! 」とメンバーからツッコミが入るも)飛行機で窓を開けてみると、窓の外に雲がありました。雲がふわふわしてて、可愛くて本当にきれいだったんです。なのでこう思いました。"やっぱり僕の側にはいつも、『AROHA』が一緒にいるんだな"と。来る時すごく幸せでワクワクしました。そして今言いたいことがあります…雲がここにいるね! (笑)」(MJ)

 「可愛いネコのような目で見てくれたり、泣いている方もいらっしゃって、そういう姿を見ると、キツイ時も頑張ることができました。これからも頑張る『ASTRO』、そしてサナになります! 」(YOON SAN-HA)と、それぞれファンに対する気持ちを伝えた。

 そしてトークはこのまま終わりでなく、韓国語講座が始まり、ファンに「オグオグ(日本語で「よしよし」の意味)」という韓国語をレクチャー。リピートさせたり、「可愛い声で言わないとダメですよ」とポイントもしっかりと教えた。反対にファンからは「アゴクイ」という日本語を習い、メンバー同士で実践してみせると、会場には黄色い歓声が飛び交った。そして記念撮影で思い出を残すと、ラストは「みなさんのことを想いながら、メンバー一緒に歌詞を書いた曲です。聴いてください」と、「By Your Side」を心を込めて届けた。

 JINJINは、公演を観に来たメンバーの両親にも、「育ててくれてありがとうと伝えたいです。『ASTRO』には『AROHA』のみなさんがいるということを知ってもらい、こんなに大勢のみなさんの姿を見て、胸がいっぱいになってくれたらうれしいです」と言葉を贈り、「『AROHA』のみなさんに感謝しながらあいさつしようと思います」とあいさつして締めくくった。

 最後までファンに手を振り、公演は大盛況で幕を閉じた。





この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.