WoW!Koreaコラム インタビュー

<インタビュー>ムン・グニョン、「20代は縮こまっていた…自由な30代に期待」

コメント

2015/12/26 09:38配信
Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

女優ムン・グニョンが、とても自由な30代を予測した。

 韓国で最近、SBSドラマ「村-アチアラの秘密」(以下、「村」)を終えたムン・グニョンは、「作品を選ぶ時、考えが変わった」と、過去と変わった点について語った。

 彼女は「以前は多くのことを意識して神経を使っていた。作品の選択に困難があっても『ムン・グニョンがこの役をするの? 』という期待や、『ムン・グニョンがやるべき役をやらなきゃ』というのがあった。映画『思悼(サド)』を選ぶ直前から気持ちが変わった。『どうして自分が自分の作品を選ぶのに他の人の視線を意識するんだろう』と疑問に思うようになった」と明かした。

 続けて「そういったことを気にせず、自分がやってみたい作品と、やってみたいキャラクターを自分の基準と判断で決定し、責任を取らなきゃと考えるようになった。だから『思悼』を選んだし、『村』も少しの反対はあったけど欲を出して選んだ」と語った。

 来年、数え年で30歳を迎えるムン・グニョンは「もう少し自由そうだ。私の人生も自由になりそうだし、女優としても自由だったらいいなと思う。そのために私も努力するつもりだ」とし、「言い換えれば、果てしなく試してみるということだ。まだ見せたものが1にもなっていない」と意欲を見せた。

 さらに「20代は一番きらめいて輝かなければならないのに、私は縮こまっていたと思う。女優としても私の人生も、芸能人としても女性としても縮こまっていたようだ」とし、「それが破れた気がする。だから30歳に期待している。20代に輝けなかった私の中の火花が、30代にパンパンとはじけるのではないか。爆発したいと思うようになった」と、よりステキな30代を予告した。






※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。

この記事が気に入ったら


wowKoreaのyoutubewowKoreaのツイッターwowKoreaのフェイスブックwowKoreaのインスタグラムwowKoreaのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ

会社紹介お問い合わせ利用規約
プライバシーポリシー<ライター募集>

Copyright(C) AISE Inc.