WoW!Koreaコラム インタビュー

【公演レポ】ユン・シユン 「となりの美男<イケメン>」 DVDリリース記念イベント開催!

コメント

2013/09/04 17:04配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

韓国ドラマ「美男<イケメン>ですね」のパク・シネと、「製パン王キム・タック」のユン・シユンが繰り広げる最旬ラブコメディ「となりの美男<イケメン>」は、先月7月にTBS韓流セレクトにて地上波初登場。高視聴率を記録し、また7月度のTSUTAYAレンタルランキング(アジアTVドラマ部門)全8巻上位を独占するなど、大ヒットを記録中だ。そんな中、去る9月1日(日)、東京・タワーレコード渋谷店B1 CUTUP STUDIOにて、DVD発売記念イベントが開催されユン・シユンが来日。DVD購入者限定イベントが2回行われ、500人にのぼるファンが詰めかけた。ドラマ撮影時の裏話やライブパフォーマンス、写メ大会、プレゼントの抽選会、握手会と、盛りだくさんのメニューでファンと交流。イベント終了後には、マスコミ向け記者会見も行われた。

【画像】ユン・シユン 「となりの美男<イケメン>」 DVDリリース記念イベント

 ユン・シユンは、爽やかな笑顔でファンの大きな歓声と拍手に応えるように手を振りながら登場。日本語で「久しぶりですよね。『となりの美男<イケメン>』のケグム役の、ユン・シユンです」と、あいさつしたとたん客席から「カワイイー」と声が上がって、熱気が溢れる中でインタビューがスタート。

―前回5月に来日されたとのことですが、その時は何をしたのですか。
5月に来たときには、水田航生さんと日本語が一言も喋れない(笑)コ・ギョンピョさんと渋谷にダーツに行きましたよ。僕とコ・ギョンピョさんは楽しくダーツをしていたんですが、水田さんは負けん気が強くて、とにかく勝とうとしていました。(笑)普段水田さんはソフトで優しい人なんですが、勝負事になると男に変わります(笑) 。

―今日韓国から日本に来たとのことですが、日本に来て初めて食べたものはなんですか。
今日は牛丼を食べました。小さい時に食べたおいしいものって思い出になるじゃないですか。実は僕、昔日本にアルバイトに来たことがあって、そのときお金が無くて一週間くらいずっと牛丼を食べていたんです。モデルさんの洋服を僕が運んだりしたんです。それで社長さんがごちそうしてくれたのが牛丼だけだったんです。(日本語で)ギュードン…(今日も)ギュードン…(笑)。

―では、ドラマの話に移りたいと思います。「となりの美男<イケメン>」はTV放送もされ好評を博しています。ここにいるお客さんはDVDを買ってくれた人たちなんです。
お金持ちですね…(笑)。

―皆さんお金ないのに買ったんですよ(笑) 。
僕は手元に残したい作品を購入するので、皆さんが貴重だと思っている作品の中に、僕が出た作品が入っているということがとてもうれしいです。ありがとうございます。

―ケグム役で大変だったなと思ったことはありますか。
漫画のキャラクターを演じているようで、本当に楽しかったです! 僕が今回キャラクターのモデルにしたのは「ONE PIECE」のルフィなんです。「ONE PIECE」が好きなんです。

―なるほど。では最後に、ユン・シユンさんの今後の活動予定を教えてください。
ドラマの撮影を終えて、新しい作品の準備に入っているのですが、今ちょうどバラエティ番組に出演しています。「裸足の友人」という番組です。ダイビングに挑戦したりとか、歌を歌ったりとか、さまざまな姿を見せられればと思っています。ドラマは少しお休み中です。僕は、水恐怖症なんです。最初は水に顔をつけるのもダメだったんですが、ダイビングのために克服しました。水泳は足がつくところは平気でしたが、つかなくなるとダメですね。本当に怖くって、正直に言うとやりたくなかったです。(笑)でもそこで自分自身を出すこと、本当の姿を見せてそれを克服することが素晴らしいと思ったんです。(司会者に)今度一緒にダイビングしましょう! 

―はい、お願いします! 
真心が感じられない返事ですね(笑)。
―(さっきより元気に)はい! お願いします! 


 ここで照明が落とされると、ユン・シユンには内緒で準備された 年齢の“27”のろうそくに火がともされたサプライズ・ケーキが登場。9月26日の誕生日に先駆け、ファンが声を合わせて「センイル、チュッカ、ハムニダー~ 」と、バースデーソングを韓国語で歌って祝った。感無量の面持ちで 「ありがとうございます。誕生日って大人になると忘れてしまいがちですが、僕は大好きなんです。自分を大切にするためにも誕生日は大事にしたいです。しかし今、僕はすごくお腹が空いていて、ケーキを食べたいんですけどフォークがないんです。食べるなってことですかね? (笑)あ、このケーキ、僕の顔が書いてあるんですね! 」と観客にケーキを見せ、ひとかけ口に含むと「マシッソヨ(おいしい)? 」とファンから声がかかり、近づいて食べさせてあげると、会場は悲鳴にも似た歓声の嵐。最後は司会者にも一口サービス。そして27歳の抱負を「大人の責任感を持ちながら、いつまでたっても子供のような純粋な気持ちを忘れない、そういった子供のような大人になりたいです。ケグムもそういった役だったんです。大人のような、子供のようなキャラクターだったんです。だから、日本の子供たちのように今日は半ズボンを履いてきました! (笑)」と語った。

 続いてファンへのプレゼントになった写メタイムでは、手でハートを作ったりピースをしたりと、ポーズを変えてファンに応えた。さらにユン・シユンは歌のプレゼントを準備。ドラマの挿入歌でユン・シユンも大好きというケグムのテーマソング「付き合いたい」を披露。ところが、1番が終わったところで、「ちょっと止めてください」とストップをかけた。「歌詞を忘れてしまうおバカちゃん病が発症してしまいました。これを皆さんにプレゼントとするわけにはいかない。だったら、カンニングをして完ぺきに歌った方がいいと思いませんか」とカンニングペーパーを見ながら 1番を韓国語で歌い直し、2番を日本語で熱唱。歌い終わると「まずは謝罪をしたい。歌詞を正確に覚えて来なきゃいけなかったのに。ですから、僕にリベンジするチャンスをください! 」と会場に訴え、12月7日(土)に東京・ゆうぽうとホールでファンミーティングを開催することを発表し、ファンと再会の約束をした。

 イベントの最後はファンも期待の抽選会が行われ、続く握手会では、参加者全員に心に残るひとときをプレゼントした。握手会の途中でユン・シユンは、子連れ参加のファンの赤ちゃんを抱いたりと、短くも心温まる感動とウイットに富んだトークで会場を沸かせ、ユン・シユンの魅力を凝縮したイベントは、次回のファンミーティングへ期待をつないで幕を閉じた。






この記事が気に入ったら