インタビュー WoW!Koreaレポート

<WKコラム>「AB6IX」、イ・デフィの戦略でクイズの勝利も番組に映る時間も両方ゲット!ニックン(2PM)と貴重なコラボステージも!

2020/10/25 20:00配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

毎週月曜夜の放送でスタートしたクイズバラエティ「クイズの上のアイドル」(KBS2)が、10月から放送枠が移動。毎週土曜午前11時半から放送中だが、10月24日(土)の第14回には「AB6IX」が出演した。

「AB6IX」はいつものように、「Salute。こんにちは。AB6IXです」とあいさつすると、さっそくMCや “先輩アイドル”チームから、何と言っているのかを聞かれ、「Salute」は「乾杯」を意味する言葉だと説明し、グループを紹介。そして、クイズの勝利も、テレビに映る時間もどちらもゲットしたいと元気に意気込んだ。

そのため、自分のチームに迎え入れるMC(チョン・ヒョンドン、チャン・ソンギュ)を選ぶとき、勝率の高いチャン・ソンギュではなく、面白くイジってくれる芸人チャン・ヒョンドンを選択。そんな計算が働くのは、バラエティをよく分かっているイ・デフィだ。

グループでは末っ子のイ・デフィだが、今回も持ち前の人たらしぶりを発揮したり、キュートな名言を連発したりするなど、目を引く活躍ぶりだった。

例えば、独断と偏見で回答者を指名するMCチャン・ソンギュに対し、「きょうにかぎって、カッコよく見えます」、「きょう着ているオレンジ色がとてもよく似合っています」など、チャン・ソンギュを褒めまくり、早々に回答権を得てニンマリ。

また、今年(韓国の年齢で)二十歳になったイ・デフィは「僕ももう老けたでしょ」、「未成年のときは、若い覇気でやっていたけれど、いまはダンスを踊るとき、体を惜しむようになった」などキュートな名言も。そして、“一生懸命”と“体を惜しむ”の違いを実演。カメラのアングルによって、動きに強弱をつけ、まなざしの強度を調整するなど、音楽番組でのノウハウを公開した。ところが、パク・ウジンが「僕はいつも一生懸命やっている」とカメラにキャッチされても、されなくても関係ないと話し、情熱的でパワフルなダンスを披露したので、冗談ぽく面白くしようとしたイ・デフィが慌てて弁明する展開となり、スタジオは大爆笑となった。

クイズでも、イ・デフィは相手チームのヒントになることをつい口走ってしまったり、あまりにも誤答を連発するので、「AB6IX」チームは「イ・デフィが正解だと確信したら、それは絶対に誤答」とし、イ・デフィの考えとは違う答えを選ぶ戦略を打ち立てた。最終的に、それが功を奏し、「AB6IX」チームが逆転勝利を収める結果となったのも、ドラマチックで爽快だった。

また、「ダンスレシピ」コーナーも見応えがあった。「AB6IX」が「BTS(防弾少年団)」の「Boy In Luv」を正解し、4人でカバーダンスを披露。さらに、「AB6IX」は続く「2PM」の「Again & Again」も正解。“先輩アイドル”チームの本家ニックン(2PM)を差し置いての正解で、しかも11年前の曲なのに振付も完璧だった。思いがけず、ニックンとコラボステージまで披露するという貴重なシーンとなった。

11月2日に3rd EP「SALUTE」をリリースし、カムバックする「AB6IX」。バラエティでも逆転劇で見せ場を作るなど勢いを見せ、今回の活動に弾みをつけたに違いない。


この記事が気に入ったら



wowKoreaのyoutubewowKoreaのツイッターwowKoreaのフェイスブックwowKoreaのインスタグラムwowKoreaのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ

会社紹介お問い合わせ利用規約
プライバシーポリシー<ライター募集>

Copyright(C) AISE Inc.