インタビュー WoW!Koreaレポート

【速報会見レポ】俳優ソンフン、演じてみたい役柄とは?! ドラマ「じれったいロマンス」来日記念記者会見開催

2017/11/17 23:02配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

俳優ソンフン

世界120ヶ国で同時放送され、海外ファンたちの心を鷲づかみにした大ヒットラブコメディドラマ「じれったいロマンス」。台湾の大手動画配信サービスでは韓国ドラマコンテンツダウンロード数の年間首位を獲得したほか、アジア各地で本ドラマをきっかけにソンフンの単独イベントが開催されるなど、国境を超え爆発的な人気を得ている。

 人気ドラマ「じれったいロマンス」が、11月18日(土)17時よりBS12 トゥエルビ、18時よりGYAOにて放送されることとなった。

【画像】ドラマ「じれったいロマンス」来日記念記者会見

 放送を前に、本作の主演俳優である“新韓流スター”との呼び声も高いソンフンが11月17日(金)に、ドラマ「じれったいロマンス」の来日記者会見をおこなった。

 白いタートルネックに紺のスーツを合わせた シックなスタイルでソンフンが登壇。「記者さん、初めまして。ソンフンです」と日本語であいさつすると、MC古家正亨の進行で会見がスタート。

 MCにドラマの簡単な紹介を促されると、「典型的なラブコメディです。ある意味陳腐かもしれませんが、本当にラブコメディで、それをやり抜きました。楽しくおもしろく見せたいと思い、保証できるくらいおもしろく演じてみました」と自らPRするソンフン。

 今回演じた役柄との共通点については「まず、そんなにお金持ちではありません(笑)見た目と違って他人に気を使うキャラクターです。あえて共通点があるとしたら、茶目っ気があるというかイタズラっぽいかなと思います」と照れながら語った。

 ドラマの見どころや撮影中のエピソードから各国のイベントでの感想まで、時折冗談を交えながらも真摯に答えた。

 また、「多彩な役柄で知られていますが、今後挑戦してみたい役柄は? 」という記者からの質問には、「みなさんが思っているほど多彩な役柄をしていません。室長や財閥2世というみなさんの記憶に残っている(役柄の)作品では幅広くはないのですが、小さな作品では幅広く役を消化してきたと思います。こ

俳優ソンフン

れから挑戦したい役は特にありません。というのは私が役者として演じてきたうちに、どのような役をいただいても私自身の色に染めていけるようになったかなっと思い、あえてこのような役をやりたいというのはありません」と明かした。

 フォトセッションを挟み、最後に「ファンでないのにこのような場にいらして頂きありがとうございます。(笑)それでも来ていただいたことに対してお応えできるくらいおもしろいドラマだという自信があります。他国ではとても反応が良く、日本ではどうかわかりませんが、みなさんがいい記事を書いてくださって、それがヒットのきっかけになればと思っています。(日本語で)どうぞよろしくお願いします」とあいさつを終え、と記者会見を締めくくった。

 終始、謙虚な姿勢で笑いのある記者会見となった。

 この後、「じれったいロマンス」のプロモーションイベントの2部が開催され、本ドラマのダイジェスト映像や、ソンフンがドラマの魅力を語るトークのほか、このドラマの挿入曲を歌っている新進気鋭のK-POPグループ「The King」もゲスト出演し、会場を盛り上げた。

 主演ドラマも各国で成功をおさめ、今後の更なる活躍が期待される。


 詳しいレポートは後日掲載いたします。



BS12 トゥエルビ番組ホームページ
http://www.twellv.co.jp/program/drama/jirettai.html


この記事が気に入ったら