全て 俳優 ドラマ 映画 K-POP

新ドラマ「チャクペ」 制作発表会を開催

コメント

2011/02/03 09:58配信
Copyright 2011(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.

全1枚

韓国MBCで2月7日からスタートするドラマ「チャクペ(相棒)」の制作発表会が31日にソウル市内で行われ、主演のハン・ジヘとチョン・ジョンミョンが舞台に上がった。

 「チャクペ」は朝鮮時代後期に、同じ日に生まれ運命が変わる2人の男、チョンドゥンとクィドゥンの物語を描く時代劇。ヒロインのドンニョを演じるハン・ジヘは「演じる役に限界がある俳優ではなく、可能性のある俳優という評価を受けたいです」と意欲を示した。

 ドンニョは幼いごろからチョンドゥンとクィドゥンと一緒に育ち、2人から愛される女性。後に、商売で成功し、旅閣(朝鮮時代に金融業と旅館業を兼ねていた場所)の店主となる男前だ。ハン・ジヘは「朝鮮時代にそれほど成功した若い女性なので、カリスマ的な人物でなければなりません。優しいながらも、カリスマ的な演技を披露したいです」と抱負を語った。昨年公開された映画「雲から抜けた月のように」で看につけた時代劇演技のノウハウを「チャクペ」で生かしたいと、意気込んでいる。

 昨年結婚したハン・ジヘは「結婚後にむしろファンの皆さんがもっと応援してくれているようです。まだ若いし、役者として歩むべく道がたくさん残っている上に、家にいる人(夫)も(女優生活を)積極的に応援してくれて、家庭と仕事を並行するのに問題はありません」と幸せそうに話した。

 時代劇に初挑戦する俳優のチョン・ジョンミョンは昨年に大ブレークしたドラマ「チュノ~推奴~」の主演俳優チャン・ヒョクとオ・ジホ、チュ・ジンモなどから時代劇の演技についてアドバイスを受けたという。「緊張していますが、いろいろなことを準備しています」と話した。先輩のアドバイスに従い、剣術や乗馬、剣道も学んでいる。特に馬に乗る楽しさにはまっているという。

 ドラマでは名門家の息子として生まれたが、卑しい集落で育ち、義賊となるチョンドゥン役を務める。チョン・ジョンミョンは「卑しい集落で育ったせいなのか、恨(恨み、怒り、悲哀などの感情)を抱えており、愛に飢えている役」と説明した。

 時代劇に初出演する感想については、「髪の毛にひげまで付けて演技するのがきついのは事実。だが、せりふに時代劇よりは現代劇の感じが強く、演技自体に対するプレッシャーは少ないです」と語った。

  2009年に兵役を終えてから2作目のドラマに出演となるチョン・ジョンミョンは軍隊経験が演技に役立つと「軍隊礼賛」を始めた。「軍隊で精神力が強くなりました。やはり男は軍隊生活を送ってみなければ」と笑った。

最終更新:2011/02/03  11:16


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら