全て 俳優 ドラマ 映画 K-POP

ドラマ「サイン」、視聴率で「マイプリンセス」を抜く

コメント数:1

2011/01/27 10:47配信

全1枚

韓国ドラマ「サイン」が6話放送後、人気ドラマ「マイプリンセス」を抜き、水木ドラマで1位を取り戻した。

 27日「AGBニールセンメディアリサーチ」の調べによると、前日の放送で「サイン」は17.6%、「マイプリンセス」は15.7%の視聴率をそれぞれ記録した。

 「サイン」が「マイプリンセス」より上位になったのは、第1話の放送以降初めてだ。一方、放送開始してから3話目で視聴率20%を超え、視聴率が上がってきていた「マイプリンセス」は、再び15%台にまで落ちた。

 今月5日に始まったパク・シニャンとキム・アジュン主演の「サイン」と、ソン・スンホン、キム・テヒ主演の「マイプリンセス」は初回放送でそれぞれ視聴率16.1%と15.9%を記録し、いい勝負になることを予告。2作品はそれぞれ、トップスターの対決という点以外にも、スリラー要素が加えられた医療捜査ドラマと甘いロマンチックコメディーの対決という点でも関心を集めていた。

 序盤の勢いは、キム・テヒの豪華な魅力をみせた「マイプリンセス」が視聴者の心をつかみ、第6話まで「マイプリンセス」に多数の票が入る結果に。しかし「マイプリンセス」は、徐々に貧弱なストーリーを露出し、その間、相対的な仕組みのあるストーリーで勝負する「サイン」が、演技派俳優パク・シニャンの素晴らしい演技で視聴者を誘いこんでいる。

 一方、同時間帯に放送されているドラマ「プレジデント」は視聴率7.6%だった。

最終更新:2011/01/27  10:53


コメント数ランキング コメント数:1






この記事が気に入ったら