北朝鮮が半月ぶりに「ICBM」を発射…平壌の順安から日本海上に=韓国

コメント

2022/11/18 13:42配信
Copyright(C) herald wowkorea.jp 96

全1枚

北朝鮮は18日、ICBM(大陸間弾道ミサイル)と推定される弾道ミサイルを発射した。

韓国合同参謀本部は「わが軍はきょう(18日)の午前10時15分ごろ、ピョンヤン(平壌)スナン(順安)一帯から東海(日本海)上に発射された長距離弾道ミサイルと推定される1発を捉えた」と明らかにした。

韓国軍は現在、監視および警戒を強化した中、米韓間の協力の下、対備態勢を維持している。

日本の防衛省も「北朝鮮が弾道ミサイルとみられる物体を発射した」と発表した。岸田文雄首相は「北朝鮮のミサイルが、日本のEEZ(排他的経済水域)内に落下したものとみられる」と伝えた。

北朝鮮のICBM発射は、今月3日に正常飛行に失敗した「火星-17型」と推定される長距離弾道ミサイル以降、半月ぶりである。


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら