尹大統領の「低俗発言」を報道したMBC、虚偽事実流布で刑事告発される

コメント数:4

2022/09/26 11:39配信
Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 85

全1枚

ユン・ソギョル(尹錫悦)大統領の歴訪中の「低俗発言問題」を最初に報道したMBCが虚偽事実流布による名誉毀損(きそん)などで警察に告発された。

ソウル市のイ・ジョンベ議員(国民の力)は26日午前9時、クァンファムン(光化門)のソウル警察庁前で記者会見を開き、「尹大統領の発言と関連した虚偽の放送をしたMBCのパク・ソンジェ社長、編集者、該当記者らを虚偽事実流布による名誉毀損および偽計による業務妨害容疑の共謀共同正犯として警察に告発した」と明らかにした。

イ議員は、「MBCの報道は誹謗(ひぼう)する目的で尹大統領に対する虚偽事実を流布し、名誉を毀損し、偽計により海外歴訪の業務を妨害したことに該当するため、パク・ソンジェ社長と編集者、該当記者らを情報通信網法上の虚偽事実流布による名誉毀損および刑法上の偽計による業務妨害容疑の共謀共同正犯として刑事告発する」と明らかにした。

イ議員は、「国益のため歴訪中だった尹大統領の発言に対し、事実確認をせずに特定の字幕を付け意図的に認識するよう誘導し断定的に報道したことは、明白な名誉毀損および業務妨害の故意がある」と重ねて強調した。

特に、「最大の同盟国である米国との関係を考慮すれば、厳格な事実確認と報道に慎重を期すべきだったにもかかわらず、むしろ虚偽の放送により尹大統領が国内外的に非難されるように仕向け、米韓同盟を脅かし国益を損ねたことは、売国行為であり事実上の放送クーデター」とも指摘した。

さらにイ議員は、「MBCの最初の報道が出る前に、パク・ホングン(朴洪根)「共に民主党」院内代表が先に該当発言に言及しており、朴院内代表もMBCの犯行に加担した可能性を排除できない」とし、「これに対する真相究明が必要」と疑惑を提起した。また、「今回の事件は非常に深刻な犯罪であるだけに、捜査当局は徹底した捜査を通じ真相を明らかにし、被告発人を厳罰に処してほしい」と求めた。

最終更新:2022/09/26  15:57


コメント数ランキング コメント数:4






この記事が気に入ったら