「ウ・ヨンウ」の女優ハ・ユンギョン、スヨン役で“春の日の日差し”のニックネームに「光栄だ、そんな人になりたい」

コメント

2022/08/18 20:08配信
Copyrights(C) Mydaily wowkorea.jp 95

全2枚

女優のハ・ユンギョンがケーブルチャンネルENA水木ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」(脚本:ムン・ジウォン、演出:ユ・インシク)が終了する感想を伝えた。

ハ・ユンギョンは18日、所属事務所のHODUエンターテインメントを通じて「疲れ果てた時に出会った大切な作品」と終了する感想を伝えた。「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」はハ・ユンギョンにとってもとても特別だった作品だった。デビュー以来初めてオーディションなしでキャスティングされた作品であり、多くの愛とステキなニックネームまで得ることになった作品。

ハ・ユンギョンは「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」でウ・ヨンウ(パク・ウンビン)のロースクールの同期であり、法律事務所「ハンバダ」の同僚チェ・スヨン役を演じた。チェ・スヨンはウ・ヨンウに厳しいアドバイスと温かな配慮を惜しまない人物。

そんなチェ・スヨンをハ・ユンギョンは持ち前のはっきりとした口調と、しっかりしていながらも温かなまなざしで完成させ、“春の日の日差し”や“春光座”というニックネームまで得て多くの愛を受けた。

これについてハ・ユンギョンは「最初はよく登場する主人公の友人役だと思った。ところが台本を受け取り読むほどにスヨンというものすごくステキな人物だった」とし、「さまざまな感情と姿、人間的な魅力が際立つスヨンをあまりにも優しかったり強く見えないように、強弱を適切に調節しようと努めた」と打ち明けた。

“春の日の日差し”というニックネームについても「とても光栄。実はそのニックネームは私ではなくスヨンが持っているが、私をそんなふうに呼んでくださる方々が多いだけに、そんな人になりたい。温かく健康で、正義感がある人になりたいスヨンのようになろうと努力する」と明かした。

共演した俳優たちと制作スタッフに彼女は「監督さん、作家さんをはじめにステキな制作スタッフたちや俳優たちに出会い、撮影現場でも楽しかったが、結果まで良くて幸せだ。健康に気を付けて、次また会いましょう!」とあいさつを伝えた。

多くの愛をくれた視聴者たちにも「この輝かしい記憶だけでもこれから10年は軽く演技できそうだ。スヨンがどんな選択をするのか、どのように成長するのか最後まで見守ってほしい。ありがとう」と感謝のあいさつと共に呼びかけた。

「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」の16話は、韓国で18日午後9時10分に放送される。


最終更新:2022/08/18  21:35


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら