<サッカー東アジアE-1選手権>日韓戦に完敗の韓国ベント監督 「日本は当然の勝利、われわれはミスばかり」

コメント

2022/07/28 11:58配信
Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 4

全1枚

「サッカー東アジアE-1選手権」優勝をかけた日韓戦が行われ、日本代表が3-0で勝利して大会優勝を飾った。日本が同大会で優勝するのは2013年以来、9年ぶり。2度目の優勝を果たした。

 パウロ・ベント監督が率いるサッカー韓国代表は、大会4連覇を目指したが、まさかの惨敗。

 韓国メディアは「豊田の惨事」と表現し、「日本の攻撃に為す術がなかった」と惨敗を認めた。

 試合後の記者会見で、韓国代表のベント監督は「日本のレベルが(われわれと)大きく異なり、本当にすばらしかった」とし、「日本は90分間ずっと韓国よりも良いプレーを続けていた。日本の勝利は当然だと感じた」とし負けを潔く認めた。

 また「われわれもベストを尽くしたが、あまりにミスが多かった」とし、「このような試合では、きょうのようにミスがでれば当然、それ相応の結果になるしかない」と意気消沈した。

最終更新:2022/07/28  13:45


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら