<WKコラム>ソン・ガンホ×イ・ビョンホンの掛け合いにナ・ヨンソクPDも大爆笑!キム・ナムギルはリアクション、イム・シワンは英語担当⁉

コメント

2022/07/13 19:30配信
Copyrights(C)wowkorea.jp 6

全12枚

ナ・ヨンソクPD(プロデューサー)が手掛けるショートバラエティー「出張十五夜」(tvN)が、映画「非常宣言」(8月3日公開)とコラボし、7月10日(日)にスペシャル版「出張スペシャル×非常宣言」が放送された。なんといっても、大きなインパクトを与えたのは、普段バラエティーでは見ないソン・ガンホ、イ・ビョンホンといった大物俳優が登場したことだ。

現在、「出張十五夜」はシーズン2がことし3月、YG編をもって終了し、レギュラー放送中ではないため、今回は単発の放送。よって、いつもとは違い、約30分番組として編成され、残り半分を加えたフルバージョンはYouTube「チャンネル十五夜」で配信された。

これまでも番宣として、ナPDとは「三食ごはん」シリーズで気心の知れた俳優チャ・スンウォンが映画「シンクホール」チームで、俳優イ・ソジンがドラマ「内科パク院長」チームで登場するスペシャル版が放送されたが、今回はそういったつながりが全くない。そういう意味で、ナPDとどんな絡みをするのか、話題性は抜群だった。

今回やって来たのは、ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、キム・ナムギル、イム・シワン、キム・ソジン、パク・ヘジュン、ハン・ジェリム監督の7人。特に、ソン・ガンホとイ・ビョンホンの掛け合いは笑いのポイントとなっていた。

ナPDと初対面のソン・ガンホは「ファンです」と手を差し出し、ナPDと握手。そして、席につくと、ナPDに「最近、何をされているんでしたっけ?」と聞いたが、それに即座に反応したのがイ・ビョンホン。「PDされてますよ」と答えたのだ。「いやいや、そうじゃなくて、番組」とソン・ガンホが聞き直し、ナPDが「ヨジョンの思いがけない旅程」と説明するくだりから始まった。

そして、今度はイ・ビョンホンがスマホを持ってきて、みんなで写真を撮ろうと提案し、全員で突然のフォトタイム。面白いもので、イ・ビョンホンがカメラを構えると、何も言わなくとも全員がそちらに体を向け、ニッコリ笑顔。慣れた様子で、和気あいあいとしたチームワークだ。イ・ビョンホンが言っていた通り、この写真はイ・ビョンホンのインスタグラムに投稿されている。

そんなイ・ビョンホンは相次ぐ暴露を展開し、このチームのムードメーカー的存在だった。この映画に小さい役でもいいから出たいとハン・ジェリム監督に懇願したというキム・ナムギルには、「それなら、一生懸命頑張らなきゃいけないのに、現場で騒いだり、いたずらしたり、兄さんたちの後を付け回したり」ともらしたり、ハン・ジェリム監督とは3作目となるので話をもらったときはうれしかったというソン・ガンホには「それに加えて、ギャラもちょっと上げたんでしょ?」と冗談を飛ばし、ソン・ガンホだけでなく、ナPDも大爆笑させた。

さらに、自分のユーモアは多くの人には伝わらず、洗練された人が笑ってくれると話したイ・ビョンホン。キム・ナムギルは撮影現場で、イ・ビョンホンの話によく笑うので、「お前は洗練されたやつだ」と言われていたそうだが、冗談を飛ばして現場の雰囲気をよくするのがイ・ビョンホンだとしたら、それに抜群のリアクションをするのがキム・ナムギルのようだ。

また、この中で末っ子のイム・シワンは、先輩たちからのささやきで、英語で作品紹介をするハメになったが、先輩たちからかわいがられている様子が見てとれたし、それぞれに明確な役割分担のあるチームだった。そのため、この後展開されたゲーム(究極の選択、人物クイズ)でも面白いシーンが続出していた。

エンディングのあいさつでも、ソン・ガンホが「こういう番組は初めてでしたが、何気に面白かったです」と感想を伝えると、またもやイ・ビョンホンが「だから、僕たちは帰りますけど、(ソン・ガンホは)もう1時間やるそうです」とちゃめっ気を発揮。最後まで楽しい掛け合いを見せていた。大物2人の気さくな素顔がたっぷり見られただけでも、貴重だった。

なお、「出張十五夜」では、早くも次の出張先がHYBEレーベルであり、「SEVENTEEN」、「TOMORROW X TOGETHER」、「ENHYPEN」、「fromis_9」、「LE SSERAFIM」、連合チーム(イ・ヒョン、ファン・ミンヒョン、ベクホ)が出演するピクニックが7月15日(金)に放送されることが予告されている。こちらも大反響を呼びそうだ。

最終更新:2022/07/14  17:21


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら