ユン内閣で「落馬2号」となったチョン・ホヨン

コメント

2022/05/24 08:03配信
Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 110

全1枚

所謂、子供の「パパ チャンス」を巡り論議となったチョン・ホヨン保健福祉部長官候補者は、23日、自主的に辞退を表明した。長官候補者に指名されて43日、国会人事聴聞会を終えてから20日後のことである。

同日、チョン候補が自主的に辞退し、ユン・ソギョル政権の長官候補者のうち、先に3日に自主的に辞退したキム・インチョル教育部長官候補者に続き、2回目の落馬事例となった。

チョン候補は立場表明で「ユン政権の成功のため、与野党の政治協力のため、一粒の麦になろうと、保健福祉部長官候補職を辞退しようと思う」と明らかにした。

彼は、候補として指名された後、波紋が広がった各種疑惑に対して最後まで「堂々とする」として、耐えてきたが、結果的に全方面からの圧迫により、自主辞退することになった。

ただし、チョン候補は本人を巡る論議については、全く認めなかった。

彼は「数多くの疑惑が浮上したにもかかわらず、不法かつ不当な行為が明らかになったことはなく、客観的資料と証拠を提示することで、嘘の疑惑であったことを立証した」と強調した。

チョン候補者は指名当時、ユン・ソギョル大統領の「40年親交」とされ、2020年初めにテグ(大邱)のコロナウイルスの感染が認められた際、生活支援センターを初めて運営した医療行政人としてコロナウイルスの対応を上手くリードすることができる人物だと期待されていた。

しかし、チョン候補者は、子供のキョンブク(慶北)大医大のコネ編入疑惑などが議論となり、人事聴聞報告書が可決されなかった。

共に民主党は、チョン・ホヨン候補者の落馬を強力に要求した結果、韓米首脳会談が終わった直後の23日に自主辞退という形でチョン候補者は退いた。

チョン候補の落馬により、懸案が山積した保健福祉の指令塔の空白がさらに長くなると憂慮される。後任には、ユン・ドフムCHA医科大義務副総長、イン・ヨハン・セブランス国際診療センター所長などが議論されている。

一方、民主党は、チョン候補者の辞退について「辞退文を見ると、相変らず人事聴聞会で、本人は違法な事項がなかった、欠陥はなかったと主張し続けている」と指摘した。

シン・ヒョニョン民主党選対委報道官は、23日に口頭論評を通じて、このように話し「ユン・ソギョル大統領が工程と常識の代表的な人選だと自認した候補が今回辞退することによって『ユン・ソギョルの熱意の工程と常識』が虚構であることを認めたのと同じだ」とした。

コ・ヨンジン民主党選対委公報団長も、論評を通じて「晩時の歎(時期を逃したことが悔やまれる意)」であり、「大統領の決断が遅れただけあって、疎通できない人に対する国民の批判を免れることは難しい」と批判した。

同時に、彼は「チョン候補者の辞退をここまで引っ張って来た理由が分からない」とし、「さらにチョン・ホヨン候補者が相変らず本人の疑惑を全面否定したことは、国民から非難される言動である」と指摘した。


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら