韓国国家情報院「北の核実験、準備完了」…「あとはタイミングだけを見計らっている」

コメント

2022/05/19 16:36配信
Copyright(C) herald wowkorea.jp 96

全1枚

韓国の国家情報院は、北朝鮮による核実験の可能性について「準備は終わっている。あとはタイミングだけを見計らっている状態だ」と伝えた。また、北朝鮮の新型コロナウイルス感染症の状況については「中国の支援を受けるだろう」とし、北朝鮮の新型コロナによる10歳未満の人口死亡率が高いことについては「水系感染症の原因によるものが大きいとみられる」と伝えた。

韓国国会情報委員会の幹事であるハ・テギョン(河泰慶)“国民の力”議員とキム・ビョンギ“共に民主党”議員はきょう(19日)、非公開で行なわれた国会情報委員会の全体会議後、記者たちに対し、国家情報院が先のように説明したことを明らかにした。

国家情報院この日、議員たちに「北朝鮮は新型コロナ事態の中にあるが、ミサイル発射の兆候がみられる。核実験も準備が完了し、あとはタイミングだけを見計らっている」と伝えた。

“北朝鮮のミサイル発射は、ジョー・バイデン米大統領の訪韓期間に合わせたものなのか”という質問に、キム議員は「兆候は捉えられており、ほとんど準備は完了段階にあるため、どの時点でミサイルが発射され、核実験が行なわれてもおかしくない」と説明した。

また “発射の可能性があるのはミサイルなのか”という質問には「ICBM(大陸間弾道ミサイル)級と推定されるが、それ以外の報告は受けていない」と語った。

国家情報院は、北朝鮮の新型コロナの状況について「5月末から6月初め頃、ピークに達するだろう」と推定した。つづけて「ワクチンに関して北朝鮮はこれまで『あまり効果はなく、接種する必要はない』としていたが、5月17日に朝鮮労働党機関紙“労働新聞”が『ワクチン接種も、新型コロナを防ぐのに効果がある』と報道したのを起点として、公式に方向転換され始めた」と国会に報告した。

また「対外的に支援を受ける優先順位はまずは中国で、その次に国際機関、米国と韓国は一番最後だろう」とし「中国を通じていったん医薬品の支援を受けることで解決しようとし、中国と外部の支援を受けることで状況は統制可能になるとみているようだ」と報告した。

国家情報院は「北朝鮮は4月末から新型コロナが拡散し始めたが、その前に百日咳(せき)・はしか・腸チフスのような水を通して感染する水系感染症がかなり拡散しており、4月末から閲兵式を行なうことで新型コロナまで拡散した」とし「そのようなことから、北朝鮮が発表している発熱者の統計値の中には、新型コロナではない多くの水系感染症患者の数が含まれているとみるべきだ」と説明した。

このことに関してハ議員は「北朝鮮では10歳未満の死者が多いが、その理由が新型コロナだとみるのは困難だ。水系感染症によるものがかなり多いだろうとみている」と語った。


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら