“ビリヤード選手”チャ・ユラム、「国民の力」入党…「文化体育人の声を代弁」

コメント

2022/05/13 14:31配信
Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 2

全1枚

ビリヤード韓国代表出身のチャ・ユラム選手が13日、「国民の力」に入党した。チャ・ユラムは党中央選挙対策委員会に合流し、6・1地方選挙で特別補佐役を務めて、文化体育人らの声を代弁する予定だ。

 国民の力は同日午前、ソウル・ヨイド(汝矣島)の国会で中央選挙対策委員会会議を控え、チ・ユラム入党歓迎式を行った。イ・ジュンソク代表やクォン・ソンドン院内代表など党指導部が一堂に会した席で、チャ・ユラムは自筆で入党願書に署名し、党バッジをつけた。

 チャ・ユラムは「入党決定が容易ではなかったが、社会で受けた愛と関心を分かち合うためにこの場に来た」として「20年以上ビリヤード選手として活動しながら2人の子供を育てているワーキングマザーであり、小さな会社を運営する立場で政府の役割が重要だという点を感じた」と入党背景を説明した。

 続けて「この5年間、自由な後援を受けられず全分野でエリート選手育成が停滞し、新型コロナウイルス集合禁止措置で室内体育施設関係者たちは生存の脅威を受けた」とし「そのような姿を現場で見ながら苦難に耐える文化体育人たちの声を代弁できたらという考えを本当にたくさんした」と述べた。

 続けて「子供を育てる母親であり女性の声も、スタートアップ創業家の声も同じ」とし「誰かを助けるために私でも声を出さなければならないという気持ちでこの場に出てきた。傷ついた文化体育人と女性事業家を代弁するために、成功的な政府に役立つために、未熟だが自分のすべきことを探して努力する」と声を高めた。


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら