文大統領「“K防疫”は我々のプライド」…「決して非難されるものではない」=韓国

コメント

2022/04/28 16:03配信
Copyright(C) herald wowkorea.jp 96

全1枚

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領はきょう(28日)「K防疫は我々のプライドだ」とし「決して非難されることのない誇らしい成果だ」と語った。

文大統領はこの日、青瓦台(韓国大統領府)で、新型コロナウイルス感染症の防疫関係者を激励する昼食懇談会を主宰し「K防疫は、国民たちの高い市民意識とともに、防疫陣と医療陣の献身が築き上げた国家的成就だ」と語った。

また「世界が認める成功モデルとして、大韓民国の国際的地位を高めることにおいて大きく貢献した」とし「我々自身も、我々の力を再発見することができた。我々も時に危機に直面したが、我々は成し遂げた」と強調した。

この日の懇談会は、この2年間新型コロナへの対応に奮闘した防疫最前線の実務者を激励し、現場の様々な話を聞くために設けられたものである。この懇談会には、早期卒業し新型コロナの流行地であったテグ(大邱)に派遣された看護士官学校の卒業生たち、検体検査により感染判定を行なった担当者たち、ワクチン接種の初期において医療機関のない島嶼地域でワクチン接種を実施した海軍訓練艦の艦長など第一線で活躍した人たちや、韓国疾病管理庁のチョン・ウンギョン(鄭銀敬)庁長、キム・ガンニプ食品医薬品安全処長、保健福祉部(厚生労働省の厚生部分に相当)のリュ・グンヒョク第2次官など政府関係者が参席した。

文大統領は「国民たちは防疫の主体となって、マスク着用やソーシャルディスタンス(社会的距離確保)・ワクチン接種に積極的に参加してくださった」とし「皆が新型コロナ克服の英雄だといっても過言ではない」と語った。つづけて、WHO(世界保健機関)が成功的感染症管理モデルとして韓国をあげたことを言及し「重症化率が高かった初期には拡散遮断に力を注ぎ、非常に低い感染率を維持し、感染力の強いオミクロン株の拡散時期には重症化率と致死率を下げることに集中し、国民の犠牲と社会的費用を最小化したという点で、高い評価を受けた」と説明した。

文大統領は「効果的な感染症対応は、経済的被害を最小化することにより速やかな経済回復を成す土台となった。それこそ “防疫と経済”という2匹のウサギを全て得る土台となった」とし「K防疫が成功した理由は、SARS(重症急性呼吸器症候群)とMARS(中東呼吸器症候群)事態を教訓にし、国家防疫体系を発展させてきたからであり、公共医療体系と健康保険の保障性強化などにより先導的な防疫と医療体系を築いてきたことが強固な土台となったからだ」と語った。


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら