[K-BOOK] 一線を越える韓国人、一線を引く日本人…あまりにも異なる隣人

コメント

2022/01/26 09:39配信
Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 88

全1枚

韓国と日本はどの国よりも近いが、お互いに見せる姿は正反対だ。韓国の劇場が合唱で埋め尽くされる時、日本では静かに拍手を送る。韓国にはあらゆる悪口が存在するが、日本には特に目立つ悪口はない。ゲームも韓国では「リーグ・オブ・レジェンド」のように多人数で楽しめるロールプレイングゲームが人気だが、日本では任天堂のように1人で楽しめるコンソールゲームが人気だ。

 両国の文化は異なるが、これを理解しようとする努力は多くない。特に2019年、日本の貿易制裁で始まった「ノージャパン」運動と最近の「Kコンテンツ」ブームの中で、韓国では日本文化に背を向ける雰囲気もある。 しかし、文化心理学者である著者は、韓国が日本を越えた理由を正しく知るためにも、両国の文化的違いを見る必要があると話す。

 著者によると、同じ人種に儒教、集団主義文化を共有する韓国と日本が決定的に異なる点は、自分を見つめる態度の違いだという。著者は「韓国人は自分を『他人に影響を及ぼそうとする存在』と見る一方、日本人は自分を『他人の影響を受け入れようとする存在』と見ている」と分析する。韓国人が主観的な親密感を土台に情を施すこと、日本人が与えられた社会的役割に負担を感じながらできるだけ迷惑をかけないようにすることも、このような違いから始まったというのが著者の説明だ。

最終更新:2022/01/26  15:29


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら