韓国人が信頼する国トップは米国 ワースト1・2位は中国と日本

コメント

2022/01/12 10:17配信
Copyright 2022YONHAPNEWS. All rights reserved.

全1枚

【ソウル聯合ニュース】ソウル大アジア研究所が12日に公表した韓国人のアジア認識に関するアンケート結果の分析報告書によると、韓国人が最も信頼する国は米国で、最も信頼していない国は中国と日本だった。

 研究所は昨年12月、世論調査会社の韓国リサーチに依頼し、成人1031人を対象に米国、中国、日本、フランス、オーストラリア、ドイツ、タイ、ベトナムなど主要20カ国・地域に対する好感度などを調査した。

 信頼できる国を複数回答で尋ねたところ、米国が71.6%で最も高かった一方、日本は13.3%、中国は6.8%で調査対象20カ国・地域のうち19位、20位を記録した。日本は歴史問題について心からの反省をしていないことが、中国は米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備に対する報復措置としての韓流コンテンツ規制を今なお解除していないことなどが反感を買っていると分析される。

 韓国が最も協力すべき国を問う調査でも、米国との回答が69.2%に上った。中国は6.9%、北朝鮮は6.5%で最下位レベルとなり、日本は1.1%と北朝鮮も下回った。

 また、主要20カ国・地域に対する好感度を0~100度の「感情温度」で評価してもらったところ、米国が65.9度で最も高く、スウェーデン(59.5度)、ドイツ(58.1度)、フランス(57.3度)など欧州の国やオーストラリア(59.2度)が上位を占めた。

 アジア諸国のうちではシンガポール(54.1度)が最も高く、次いで台湾(51.3度)、モンゴル(50.1度)、ウズベキスタン(48.6度)、タイ(48.3度)、フィリピン(47.9度)、ベトナム(46.6度)の順。

 韓国の周辺国の中国(35.8度)は18位、北朝鮮(33.8度)は19位、日本(33.6度)は20位と最下位レベルだった。アフリカの南アフリカ(45.0度)やガーナ(42.2度)よりも低かった。

最終更新:2022/01/12  10:30


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら