美人プロゴルファーのイ・ボミ、来年JLPGAツアー14試合出場へ

コメント

2021/12/17 09:25配信
Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 2

全1枚

韓国美人プロゴルファーイ・ボミが2022年、日本女子プロゴルフ(JLPGA)ツアーの活動計画を確定した。開幕から5試合連続で参加し、推薦を受けて8試合、そして歴代優勝者の資格で出場するJLPGA選手権大会など少なくとも14試合以上に出場するという新しい計画表を立てた。

 東京などで開催されるホンダ、HUBLOTなどのスポンサー企業が用意した各種イベントに参加して韓国に帰国し、自主隔離中のイ・ボミは16日、イーデイリーに2022シーズンJLPGAツアーの活動計画を公開した。

 JLPGAツアーは2020~2021シーズン52試合を開催したが、イ・ボミは新型コロナウイルスの拡散により出入国が自由ではないため、28試合しか出場できなかった。ことし韓国と日本を行き来しながら、自主隔離した期間だけで70日を超えていた。そのため賞金ランキング82位にとどまり、ツアー出場権を維持できなかったイ・ボミは来年、新型コロナウイルスの拡散により、新たに用意された保障出場規定と大会主催側の推薦、そして優勝者資格でシーズンをスタートする。

 JLPGAツアーの活動計画を立てたイ・ボミはまもなく来年のKLPGAツアーの活動計画も終える予定だ。イ・ボミはKLPGAツアーの永久シード保持者だ。

 イ・ボミ側は「来年KLPGツアー活動を並行する予定だが、まだJLPGAツアー活動により多くの比重を置くことになりそうだ」とし、「再拡散で出入国が自由でないだけに、KLPGAツアーでは5~10試合前後の大会に出場することになりそうだ」と2022年の活動計画を明らかにした。


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら