物価が上昇し所得も減少、しかし政府には危機意識が見えない=韓国

コメント

2021/12/05 10:14配信
Copyrights(C)wowkorea.jp 104

全1枚

韓国では先月の消費者物価が前年同月比3.7%上昇し、9年11か月ぶりに最大の上げ幅を記録した。物価は急上昇しているが、7~9月期の経済成長率は0.3%と鈍化した。ここに「オミクロン株」の拡散により供給のボトルネック現象が深刻化している。そのため景気鈍化と物価上昇を刺激する可能性があり、「スローフレーション(slowflation)」(景気減速の中、物価だけが上昇)への懸念が高まっている。

 3日、韓国メディアの国民日報によると、韓国統計庁が2日、先月の消費者物価指数が109.41で、1年前より3.7%上昇したと発表した。上昇幅だけ見れば、2011年12月(4.2%)以降の最高値だ。

昨年の年間物価上昇率は0.5%で、年明けまで1%前後の物価上昇が続いていた。

 こうした中で、韓国政府は分野別の物価をコントロールする「物価部署責任制」を導入し、物価の安定に乗り出す方針だ。

 3日のニュース1によると、イ・オグウォン企画財政部第1次官は3日午前、政府ソウル庁舎で第34回物価関係次官会議を開き、「すべての省庁が物価当局という覚悟で政策に集中してほしい」と述べた。

 イ氏は「物価部署責任制」の導入について、「所管省庁の責任性を高め、対応力を強化するためのもの」とし、「省庁別に所管分野に対する価格・需給モニタリングの結果、物価の短期安定化、構造的対応策案を含む分野別の総合的な物価安定策を準備し、関係省庁が物価の安定に向け協力していく」と説明した。

 政府は今後、各所管分野の物価動向をより綿密に点検し、物価安定策を引き続き講じる方針だ。

 韓国政府の物価安定策に疑問を投げかける声も出ている。

 朝鮮ビズは2日、過去に物価に関連してホン・ナムギ(洪楠基)経済副首相兼企画財政部長官が発言した内容を指摘し、政府の対応をこう批判した。

「農業・畜産・水産物、石油類などの一時的な供給ショックで物価が上昇したのは4月と同じです。最近の物価上昇を主導した基底効果と一時的な供給衝撃などは、下半期に向かうほど次第に解消されるように見えます」。

 洪経済副首相が今年6月2日、自分のフェイスブックに書いたコメントだ。当時、統計庁が「2021年5月の消費者物価は前年同月比2.6%上昇した」と発表したことを受け、経済副総理が前面に出て、物価上昇は「一時的」なのであまり心配するなというメッセージを送った。国内消費者物価指数は、それ以前の4月にも2.3%上昇した状態だった。洪副首相の発言とは裏腹に、消費者物価はその後も2%台の上昇を維持し、結局10月からは3%台に上昇した。農・畜・水産物、電気・水道・ガス、工業製品、サービスなど、あらゆる分野の物価が急騰している。物価管理に失敗した政府という批判が出てくるしかない状況だ。

 5日、韓国経済新聞の社説でも、政府に物価管理のまともな対応を求めた。

 年末、韓国経済の不確実性がさらに高まった。まともな対応ができなければ、2回にわたり全国規模の選挙が行われる来年は、どうなるか心配せざるを得ない。過度な資金供給やグローバル供給網の異常などに起因する物価急騰は世界的な心配事であり、解決策も容易でないのが事実だ。それでも政府ができることもあり、しなければならないことがある。生活必需品の流通網の点検や物流難対策、エネルギー・食糧などの輸入先の管理などは基本である。尿素水問題で経験したように、サプライチェーンのどこでどのような地雷が爆発するか、分からない状況になっている。

 しかし、昨日、洪副総理が主宰した「非常経済対策会議」を見ると、政府は危機感が薄いようだ。懸念や批判が高まる中で、国会が超スーパー予算を通してしまった。経済の未来を左右する根本課題や構造改革問題に目を向ければきりがない。洪副首相は、まず目の前の危機管理からきちんと遂行してほしい。

最終更新:2021/12/05  11:35


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら