<韓国バスケ>チョン・ギボム&カン・サンジェら9人、来月1日に除隊…所属チームに復帰へ

コメント

2021/11/29 15:07配信
Copyrights(C) Mydaily wowkorea.jp 2

全1枚

2021-2022 KGC人参公社正官庄プロバスケットボールがし烈な順位争いで正規試合第2ラウンドを行っている中、国軍体育部隊尚武所属9人の選手たちが12月1日、軍服務を終えて除隊する。

 KBL(韓国バスケットボールリーグ)は29日「特に、サムスンは2019-2020シーズンまでチームの主力ガードとして活躍してきたチョン・ギボムの合流で上位グループへ跳躍するためのチャンスをつかんだ。また軍服務期間中、大邱韓国ガス公社から原州DBへトレードされたカン・サンジェは除隊後初めて所属チームに合流し、キム・ジョンギュとともに国家代表級のゴール下の戦力を構成する予定だ。このほか、パク・ジフン(安養KGC)、ハン・ヒウォン、チェ・ソンモ(以上、水原KT)も所属チームに合流することになり、チームの順位争いに大きく役立つと思う」と述べた。

 最後にKBLは「現在第2ラウンドが行われているプロバスケットボールは正規試合1位から第6位までの勝差がたったの4試合に過ぎない熾烈な順位争いが繰り広げられている。除隊して復帰した選手らがもたらす変化がより期待される理由だ」と伝えた。


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら