韓国政府、「先週末に減少していた尿素水、22日から再び正常化の見通し」

コメント

2021/11/23 06:35配信
Copyright(C) herald wowkorea.jp 104

全1枚

韓国政府は22日、尿素水の流通は同日から再び正常化すると見込んだ。先週末には尿素水の生産・流通量が減少したが、工程整備・休業など一時的な現象という説明だ。

 韓国政府はこの日、政府ソウル庁舎でイ・オクウォン企画財政部第1次官の主宰で「第14回尿素水需給関連省庁合同対応会議」を開き、このように明らかにした。週末の間、主要生産会社5社の工場整備や流通会社の休業などで尿素水の生産量と流通量が減ったが、同日からは再び安定化すると見通した。

 政府が100か所以上の重点流通ガソリンスタンドに、優先的に供給するとしていた180万リットルの尿素水は、今月20日に全量を消費した。

 ただ政府は「今日からは(重点ガソリンスタンドの)入庫量および販売量が正常な水準を回復するものと予想される」とし、「契約量1万8700トンの他に、別の物量も中国から輸入されている」と明らかにした。

 また「尿素水の需給をより安定化させるために、産業用尿素在庫のうち、販売計画が申告された物量を除いた部分については、車両用として使用可能かどうかを検討する。可能な部分はできる限り車両用にかえて使用する計画」と説明した。


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら