アヌパム、「イカゲーム」の美談を明かす、「イ・ジョンジェさん大好き」

コメント

2021/11/05 12:49配信
Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 74

全1枚

Netflix「イカゲーム」で外国人労働者役アリ役で人気となったインド出身の俳優アヌパム・トリパティが、同ドラマで共演した俳優イ・ジョンジェについて、愛情と感謝を自ら伝えた。

 去る4日夜に放送されたMBCエブリワンのバラエティー「ようこそ、韓国は初めてでしょ?」では、インドから来た俳優アヌパム・トリパティが出演した。彼は最近、全世界のNetflixで1位を席巻した「イカゲーム」でアリ役で出演し、韓国を始め、世界中の視聴者に顔を知られた。

 この日の放送でアヌパムは、「イカゲーム」で共演した俳優イ・ジョンジェ(ソン・ギフン役)について質問を受け、「大好きだ。」と答え、視線を集めた。

 アヌパムは「(日本の「ダルマさんが転んだ」にあたる「ムクゲの花が咲きました」ゲームの途中、アリがソン・ギフンの)服をつかむシーンで、服をつかんだが、少し強かったようだ。苦しかったと思うのに、大丈夫、思うようにやれと、そう言ってくれて、思ったようにリラックスしてできた。」と「イカゲーム」の撮影中の温かいエピソードを披露した。

 アヌパムは続いてイ・ジョンジェに向けて、「愛してます、先輩。」と手でハートを作り、和気あいあいとした雰囲気となった。


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら