韓国最大野党「文大統領、『K』をつければとてつもない成果となるのか?」…「過去を美化することに忙しい」

コメント

2021/10/25 12:16配信
Copyright(C) herald wowkorea.jp 96

全1枚

韓国の野党第一党“国民の力”はきょう(25日)ムン・ジェイン(文在寅)大統領の施政演説について「『K』だけつければとてつもない成果となるような無駄話に、何の意味があるのか」とし「過去を美化することに忙しい」と非難した。

“国民の力”の首席報道官はこの日、論評を通じて「最後の施政演説まで、壊れたラジオのように自画自賛が伝えられた」と語った。

つづけて「任期内は終始『国家的危機の連続だ』と言ってきたが、その危機の半分は政権自体が作り出したものだ」とし「無理な最低賃金引き上げと不動産政策により、住宅価格と物価を空高く上昇させた。政策の穴を現金のバラマキでカバーし、1000兆ウォン(約97兆930億円)を超える国家債務を生じさせた」と語った。

また「国民は『このままではだめだ』『政権交代をしてほしい』と訴えている」とし「至る所で浪費されている予算に対して、謝罪の一言もなかった」と批判した。

さらに「2025年の国家債務は1400兆ウォン(約136兆552億円)を突破するものと予想されているが、政府は『2023年から財政管理をする』と言っている」とし「手柄は自分たちが立て、責任は次の政権・未来世代に転嫁(てんか)するという無責任の極地だ」と付け加えた。


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら