ドラマ「恋慕」パク・ウンビン&ロウン(SF9)&ペ・ユンギョン、未公開カットから紐解く強烈な初登場=あらすじ・ネタバレ

コメント

2021/10/16 20:58配信
Copyrights(C) Mydaily wowkorea.jp 95

全2枚

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

KBS 2TV月火ドラマ「恋慕」(脚本:ハン・ヒジョン、演出:ソン・ヒョヌク)のパク・ウンビン、ロウン(SF9)、ペ・ユンギョンが初めて登場しただけでも強烈なインパクトを残した。

「恋慕」のパク・ウンビン、ロウン、ペ・ユンギョンが新たな“魅力的キャラクター”の誕生を成功の中で終えたことを知らせた。秘密を隠した女性王世子という興味深い題材の中で、それぞれの人物たちの多彩な活躍が待ち遠しい中、3人の印象的な初登場の瞬間を未公開カットとともに掘り下げてみた。

▲1. パク・ウンビン、強烈な“キング”クラッシュ!…この世で一番クールな王世子の誕生

絶対権力を握った王世子“イ・フィ”としてカムバックしたパク・ウンビンは、恥ずかしがり屋の女官“ダミ(チェ・ミョンビン)”のアイデンティティは徹底的に捨て、冷徹な王子に生まれ変わった。木綿で作られた布でなかったら投げ捨て、ミスを犯した女官には「頼まれてもいないことはいやるな」と強力な警告をするなど、彼女は登場しただけでも周りを氷のように冷ややかな雰囲気にさせた。わずかな誤差やミスも許さないカリスマは宮殿で生き残るために自分を鍛えた厳しい年月を実感させるのと同時に、この世で最もクールで隙のない王世子の誕生を知らせた瞬間だった。

▲2. ロウン、明の国へ留学した“伝説の男”…胸キュンアクションに注目

道袍(どうほう)をはためかせ、墓やかなビジュアルで初登場したチョン・ジウン(ロウン)。空を切り裂く華麗なアクションは明の国で名を馳せたという伝説を後押しした。「命はすべて尊いもの」という正義的な概念と信頼を自ずと呼ぶ微笑み、さらに危機に瀕しても腹黒い人間のように乗り越える厚かましさで切り抜ける方法を知っている性格は作品に生き生きとしたエネルギーを吹き込んだりもした。ここに「ジウンの魅力は幅が広い。次々と出てくる魅力はこれからが始まり」という制作スタッフの伝言まで加わり期待が高まる。

▲3. ペ・ユンギョン、サムゲバンを揺るがしたお嬢さん…生易しくない魅力に期待

シン・ソウン(ペ・ユンギョン)は短い登場シーンだけでも手ごわい“両班(ヤンバン)家のお嬢さん”という存在感を確実に示した。護衛武士を引き連れジウンが運営する三開房(サムゲバン、医院)を訪問し、かっとした皮膚をなだめる薬草をたった一日で手に入れるようにと強力な命令を下したのだ。ジウンとソウン、2人の間を行き来する密かな神経戦は意外なドタバタぶりを生み出したりもした。生易しくなく見えるお嬢さんソウンは豪快な男ジウンに抱く“恋慕”がどんな描写を作り出していくのか関心が高まる理由だった。

「恋慕」は毎週月・火曜日午後9時30分から韓国で放送されている。



コメント数ランキング コメント





動画:[MV] SUPER JUNIOR-K.R.Y. _ Shadow of You|1theK
※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。



この記事が気に入ったら