高陽市、「BTS」を後ろ盾に韓流観光都市として跳躍…市一帯を韓流通りに=韓国

コメント

2021/09/13 15:58配信
Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 79

全1枚

韓国・コヤン(高陽)市が「BTS(防弾少年団)」を後ろ盾に観光都市へ跳躍する。

京畿道高陽市は13日、観光情報センターの壁に今月12日に造成されたワールドスター「BTS」リーダーのRMの壁画がSNSで熱い関心を集めていることを受け、市一帯を韓流通りにすると明らかにした。

RMの誕生日に合わせ、今月12日に造成された壁画は、完成前から世界中の「BTS」ファンから大きな関心を受けていた。

同日、RM壁画の他にも地域の芸術家たちの作品が数点一緒に公開された。

高陽市は一山東区と西区を中心にアラムヌリ劇場、ラフェスタ、一山湖公園、キンテックス(KINTEX)をつなぐ「高陽市観光特区」に、高陽市だけの差別化された韓流テーマ特区を2022年までに造成する計画である。

イ・ジェジュン市長は、「絵一点、彫刻品一点が、観光客の目を引く名所になる」とし「この作品が高揚アラムヌリ芸術軸と一山湖公園緑地軸を連結し、シナジー効果を出すだろう」と述べた。

最終更新:2021/09/13  17:2


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら