全て 俳優 ドラマ 映画 K-POP

<WKコラム>キュヒョン(SJ)&ジャンジュン(Golden Child)、飲んで食べる新バラエティで初共演!

コメント

2021/07/28 19:43配信
Copyrights(C)wowkorea.jp 6

全12枚

人気グルメ番組「美味しい奴ら」の兄弟番組となる「飲む奴ら」(IHQ、Discoveryチャンネル)が7月26日(月)にスタートした。出演は俳優イ・ジョンヒョク、お笑い芸人チャン・ドンミン、「SUPER JUNIOR」キュヒョン、「Golden Child」ジャンジュンという異色の組み合わせだ。

番組の内容は、お酒に合わせてペアリングしやすい“おつまみ”がおいしい店を探し回り、食べたり飲んだりするというもの。ただし、「美味しい奴ら」にはシグネチャーである“一口”ルールがあるが、「飲む奴ら」ではそれを“一杯”に変え、おつまみは好きなだけ食べていいが、お酒は一杯しか飲めないというルールも。

番組でお酒を飲むというと、キュヒョンは今年1月に終了した番組「いつまで肩踊りをさせるんだ」(tvN)でも同じようなことをしていたので、またかという印象があるが、家飲みが多く、ハメを外していた「いつまで肩踊りをさせるんだ」とは違い、今回は街に出ておいしい店を探索し、スーツを着て品格のある姿でお酒をたしなんでいる。お酒の番組=キュヒョンのイメージがすっかり定着した感があるが、キュヒョンは料理の知識もあるし、飲みながら食レポをするということにおいては安定感抜群なので、安心して見ていられる。

初回放送では、おつまみがおいしい店4軒が紹介された。まずはくじびきで、キュヒョンとチャン・ドンミンは2人で、イ・ジョンヒョクとジャンジュンは1人でそれぞれ店を訪問し、その後、二次会で4人が初顔合わせをした。バラエティに慣れているキュヒョンとチャン・ドンミンはともかく、イ・ジョンヒョクは1人でご飯を食べるのも初めてだと言いながら、最初はぎこちなかったが、落ち着いたトーンで食レポをする姿が新鮮だった。

一方、ジャンジュンは街を歩いている地元の人に声をかけて情報収集をしたり、店に入ると店主に「ここでどれぐらい営業しているんですか?」と積極的に質問したりするなど、人懐こく、ずっとしゃべり続けていた。それでいて、料理が運ばれてくるなど、誰かに何かをしてもらうたびに「ありがとうございます」と感謝するなど礼儀正しく、店を出るときには「また次は友達と来ますね~」と愛想も良いのだ。かと思えば、ルンルン気分で店を出た直後、「あっ、かばん忘れた」とまた戻ったり、二次会の店に向かったときには、上機嫌でスキップをしていたら店を通り過ぎてしまい、スタッフから呼び止められるなど、天然なのかおっちょこちょいな一面も。

そんなジャンジュンは二次会の店でメンバーたちと初めて会い、イ・ジョンヒョクには「マルチュク通りでだけ見ていましたが、初めてお目にかかりますね」とセンス良くあいさつ。イ・ジョンヒョクはクォン・サンウ主演映画「マルチュク青春通り」に出演しており、それをよく見ていたというさりげないアピールも入れながら、イ・ジョンヒョクを喜ばせたのだ。そして、改めて「97年生まれ25歳、『Golden Child』のジャンジュンです」と礼儀正しく自己紹介をし、先輩たちの中でも臆することなく、ここでもムードメーカーらしさを存分に発揮していた。

また、ジャンジュンは食べたことのないおつまみが多いようで、茹でダコも初めてだというので、メンバーたちもビックリ。また言葉遣いが独特なほか、お酒を飲むときの作法として、「右に向いて飲みなさい」とお母さんに教えてもらったと話し、なぜ必ず右向きなのかという謎は残ったままだが、メンバーたちから見ると、可愛がりたくなる愛らしさがあふれていて、乾杯の音頭を任されるなど、すっかり気に入られていた様子だった。

お酒とおいしい料理を味わいながら4人は上機嫌となり、ドラマ「ミセン-未生-」をモチーフにしたような会社員コントを即興で始めたり、キュヒョンが5年前、チャンミン(東方神起)とミンホ(SHINee)とスーツを着て、社員証まで作ってフル装備で飲みに行ったことがあるという“会社員ごっこ”エピソードも明かすなど、初対面とは思えないほど盛り上がっていた。

おいしそうな料理、お酒もさることながら、意外にも(?)初対面だったという現役アイドルのキュヒョンとジャンジュンがどう絡んでいくかも見どころになりそうだ。


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら