竹島問題で激怒した韓国保守団体、「コチュジャンを旭日旗に塗りたくり」パフォーマンス…日本大使館前が「大混乱」

コメント数:46

2021/06/09 11:34配信
Copyrights(C)wowkorea.jp 4

全1枚

竹島(韓国名:独島)問題で激怒した韓国保守団体の代表が、コチュジャンを旭日旗に塗りたくるパフォーマンスを実施。日本大使館前が大混乱となった。

 8日午後、ソウル市内の日本大使館前で「愛国国民大連合」のオ・チョンド代表は、竹島を日本領土として表記した東京オリンピックを糾弾し、旭日旗に火をつけて警察に制止された。

 また、オ代表は持参したコチュジャン(辛味噌:粉状の唐辛子と大豆麹、もち米粉から作られる朝鮮半島発祥の調味料)を旭日旗に塗りたくるなど”謎の行動”に出て、再び警察から制止された。

 旗にコチュジャンを塗りたくるこの行動は「半島の辛さを味わわせる、列島に思い知らせる」の意志表現とも解釈される。しかし、コチュジャンの主材料である唐辛子は17世紀、日本を通じて朝鮮半島に伝来したものである。

最終更新:2021/06/09  19:13


コメント数ランキング コメント数:46






この記事が気に入ったら