海外メディア、“米韓首脳会談”をリアルタイムで報道…「外交優先順位は “東アジア”」

コメント数:4

2021/05/22 12:40配信
Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 96

全1枚

ムン・ジェイン(文在寅)韓国大統領とジョー・バイデン米大統領が21日(現地時間)、ホワイトハウスで米韓首脳会談を行なった中、海外メディアはこれを リアルタイムで報道した。

CNNは「バイデン大統領が55万人の韓国軍に、新型コロナウイルス感染症ワクチンを提供することにした」というタイトルの記事を通して、首脳会談の内容を詳細に扱った。

CNNは「今回の会談は、イスラエルとパレスチナによる11日間の武力衝突で、バイデン政権の外交力が試されている最中 行われた」とし「今回の会談を通して。外交政策の優先順位を、中国に対するけん制に焦点を合わせて “東アジア”へと移動させた」と報道した。

特に CNNは「会談の核心は、何よりも対北政策であった」とし「対北問題は、バイデン政権発足直後から直面している 主要な課題の中の一つであった」と伝えた。

米ワシントンポストは、米韓首脳会談の結果を詳細に紹介し「菅義偉首相につづいて文大統領と会談したのは、バイデン政権の外交政策において、東アジアが最優先だという点を示したものだ」と報道した。

フランス“AFP通信”は「文大統領は今回の訪米で『米朝対話の再開を説得する』という立場を明確にした」とし「しかし バイデン政権は、これまで消極的に対北問題に臨んでいた」と伝えた。「インド太平洋地域において 中国をけん制するための目的で、韓国の参加に圧力をかけた」とも伝えた。


コメント数ランキング コメント数:4






この記事が気に入ったら