麻生大臣「処理水、飲んでも何ちゅうことない」…韓国反論「それなら飲んで無くせば」

コメント数:2

2021/04/14 07:36配信
Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 96

全1枚

日本政府が福島原子力発電所の放射能汚染水を結局 海に放流することに決定した中、麻生太郎副総理兼財務相が「飲んでも問題ない」と発言したことで、韓国ネットユーザーたちの怒りを買った。

きのう(13日)日本経済新聞は、放射性物質であるトリチウムの含まれた処理水を海洋放流することを日本政府が決定した後、麻生副総理は「あの水を飲んでも何ちゅうことない」と語ったと報道した。

麻生副総理は、日本が放流することになる汚染水のトリチウムの濃度について「中国やら韓国やらが海に放出しているのと同じもの以下だ」と発言した。

また 日本政府の海洋放流決定については「科学的根拠に基づいて、もっと早くやったら(良い)と思っていた」と語った。

このことに対して韓国のネットユーザーたちは反論で「それなら海に捨てず、自分たちの飲料水にしたら」、「全部飲んで、無くしたら」などの、怒りのコメントが溢れた。

現在、韓国では南東部の月城原子力発電所などの韓国原発から日本海(韓国の東海)に流しているトリチウム排出量があまり知られていない。また「汚染水」と「処理水」の用語が区別されていない。

最終更新:2021/04/14  11:19


コメント数ランキング コメント数:2






この記事が気に入ったら