韓国小売り大手 日本産水産物「10年前から扱わず、今後も売らない」

コメント数:1

2021/04/13 19:16配信
Copyright 2021YONHAPNEWS. All rights reserved.

全1枚

【ソウル聯合ニュース】イーマートやロッテマートなどの韓国の大手スーパーでは2011年に東京電力福島第1原発事故が発生して以降、日本産の水産物を販売せず、ロッテ百貨店や新世界百貨店など大手デパートでもほぼ同時期から扱っておらず、今後も扱わない計画であることが13日、分かった。

 流通業界の関係者によると、大手のスーパーやデパートなどは、福島原発事故が発生し、水産物の放射能汚染への懸念が高まったことを受け、日本産の水産物を扱わず、国産やそのほかの地域からの輸入で代替してきた。原発事故以前は、タチウオ、スケソウダラ、タイ、サンマ、ホタテなど国内で消費が多い水産物の多くが日本産だったという。

 また消費者の不安などを考慮し、今後も日本産の水産物を販売する可能性はないと説明した。

 大型スーパーは政府が実施している輸入水産物の放射能検査とは別に、独自に検査を行っている。日本政府が汚染水の海洋放出を決定したことを受け、検査をさらに強化する方針であることが分かった。


コメント数ランキング コメント数:1






この記事が気に入ったら