全て 俳優 ドラマ 映画 K-POP

≪韓国ドラマNOW≫「ナビレラ -それでも蝶は舞う-」5話、パク・インファン&ナ・ムニの応援でソン・ガンが本選通過=あらすじ・ネタバレ

コメント

2021/04/06 11:20配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

全1枚

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

6日に放送されたtvNドラマ「ナビレラ -それでも蝶は舞う-」5話では、ドクチュル(パク・インファン)とチェロク(ソン・ガン)はインターンの点数が低いため店長に抗議するインホ(ホン・スンヒ)を見て、自分が本当にやりたいことを忘れて生きてきたウンホに共感する様子が描かれた。

 チェロクは、父親に言われるままに才能のないサッカーに没頭した過去を思い出し「バレエを初めて見た時に分かった。僕も一度飛んでみたい。やってみようと初めて向かって行った。幸せになりたくて」と何かをする時に一番幸せなのかということから探してみようとウンホを励ました。

 チェロクのアドバイスを聞いたウンホは、父ソンサン(チョン・ヘギュン)に初めて反旗を翻した。ウンホは腹を立てて責め立てるソンサンに「一度ぐらい大丈夫かと言うことはできない?父さんは何をしている時が一番幸せなの?ある人から聞かれたんだけど、僕は答えられなかった。僕はそれから探してみるつもりだ」とこれ以上、ソンサンの思い通りに生きることはしないと明らかにした。

 一方、チェロクはコンクールの準備を続けた。ドクチュルのレッスンも休みながらただコンクールの準備に専念したが、動作が完ぺきに成功できないせいでストレスが溜まっていた。自分の練習だけでも手一杯のチェロクは、ドクチュルが高難度の動きを教えてほしいと次々に質問してくるので、爆発してしまった。夢中になるあまり焦っていたドクチュルは、チェロクを困らせた行動を後悔した。

 チェロクは練習のない日にもこっそり見に来るドクチュルに「ダンサーでもないんだから、適度に楽しみながらやればいいんじゃないか」と言うと、ドクチュルは「趣味でやっているわけではない。私もそれなりに目標がある。気持ちが焦って急き立てたのは悪かった。だけどできないんだ。それしかできないのかとバカにしても、心まではバカにしないでほしい」と言ってスタジオを出ていった。ドクチュルの本気を感じたチェロクは、怒鳴ったことを後悔。スンジュ(キム・テフン)もチェロクに「もちろんお前とおじさんは違う。だけどバレエに対する気持ちが違うと言えるか?お前のほうが大きいと確信できるか?」と叱った。

 自分の過ちを悔いたチェロクはドクチュルのところへ行き「僕が間違っていた。だからスタジオに行こう」と心からの謝罪をし、ドクチュルも明るい笑顔で答えた。再びチェロクの練習を見ることになったドクチュルは、チェロクが正しい動作を成功できずに挫折する姿を見て心を痛めた。ドクチュルは「こんなに苦労して頑張っているんだから、うまくいく。ただ自分を信じてみなさい」と励ました。チェロクはついに自分が望んでいたジャンプを成功させ、それを見守っていたドクチュルは感激して涙を流した。

 ドクチュルはチェロクの準備のためにさらに情熱的なマネジャー生活を続けた。さらにドクチュルの妻ヘナム(ナ・ムニ)まで、サムゲタンやプルコギなどをごちそうした。チェロクは温かい二人を見て、過去に両親と幸せだったころを思い出した。そんな二人の応援のおかげで、チェロクはコンクール本選を通過した。

最終更新:2021/04/06  13:56


コメント数ランキング コメント





動画:[5話予告]Navillera
※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。



この記事が気に入ったら