全て 俳優 ドラマ 映画 K-POP

<WKコラム>「BTS(防弾少年団)」、「Let’s BTS」でメンバー愛が炸裂!V&JIMINはイチャイチャ!? SUGAがメンバーをプロデュースするならJINはバラード、SUGAは童謡?

コメント

2021/04/01 19:27配信
Copyrights(C)wowkorea.jp 6

全12枚

BTS(防弾少年団)」の初めての韓国地上波トークショーとして、3月29日(月)に放送され、話題を集めたスペシャルトークショー「Let’s BTS」(KBS第2)。キーワードトークやメンバーの他己紹介などで構成された前半に続き、後半ではメンバー同士が本音を語り合い、視聴者からの質問にも答えるなど、メンバーたちの内面を深堀りするコーナーが展開された。

まずは、お互いに“言われたい言葉”、“言いたい言葉”を伝える「伝えられなかった本心」コーナー。メンバーたちは7人だけの空間で、円卓を囲んで座った。パート1は、どのメンバーからどんな言葉を聞きたいか、その言葉を書いた封筒を該当するメンバーに送り、その言葉を言ってもらうというものだ。

トップバッターはRM。彼が封筒を回したのはJINだった。JINから言われたい言葉は「お前、本当にカッコいいね」だった。チームで一番カッコいいJINから言われたかったというRM。さっそく、JINからその言葉を言われ、「嬉しい~」と喜んだ。すると、SUGAが「最近襟足が伸びて、野生馬的でカッコいい」、Vも「去年のグラミー賞でカッコよかった」とメンバーたちからRMに対し、「カッコいい!」という言葉が飛び交うと、「お前たちからは必要ないんだって。僕から聞きたいってことなんだから」と鼻高々のJIN(笑)。「ナムジュン(RMの本名)、カッコいいよ」と最後にもう一度、RMの気分をよくした。

続いて、JINが封筒を回したのはSUGA。これはメンバーたちの予想通りで、曲を提供してもらいたいJINが、SUGAから聞きたい言葉は「曲を作ったんだけど、これ持っていきますか?」だった。3年前から曲をくれると言いながら、全くくれないとSUGAに不満をもらすJINに、曲はあるから歌詞は自分で書いてと条件をつけ、曲の提供を快諾(?)した。さらに、話が発展し、SUGAがメンバーたちに曲を提供するならジャンルは?という話が興味深かった。JINにはバラード、JIMINにはダンスナンバー、JUNG KOOKにはポップ、RMにはトロットチューン、Vにはサックス曲、そしてJ-HOPEには童謡だとSUGA。RMが「うちのチームで童謡ができるのはJ-HOPEしかいない。似合いそう」と言いながら、メンバー全員、意表をついた童謡には大爆笑だった。

JIMINは、JUNG KOOKに封筒を届けた。JIMINからの封筒を開け、耳を赤くして笑うJUNG KOOKが言った言葉は「僕はヒョン(お兄さん)のマネっ子です」だった。JIMINいわく、JUNG KOOKが自分のマネをしているのだという。釜山で生まれたことやダンスを始めたこと、カラーコンタクトや服のスタイルもマネしているとあまりにも堂々と主張するJIMINにJUNG KOOKも降参し(?)、「僕はヒョンのマネっ子です」と愛嬌を交えて言い、JIMINを喜ばせた。

そんなJUNG KOOKは、自分にいま足りないものだから、いつかこの言葉を言われたいと言うと、メンバー全員一致でJ-HOPEだと予想。その通りだった。JUNG KOOKがJ-HOPEから言われたい言葉は「お前、本当に上手く踊るね」だった。これは他のメンバーも同じで、JIMINもソロ曲で、SUGAも「ON」のMVでJ-HOPEからダンスを褒められたとき、本当に嬉しかったそうで、それを羨ましそうにするJUNG KOOK。すると、J-HOPEがこれはJUNG KOOKに言いたい言葉ではあったとし、「オンラインコンサートで『My Time』を踊ったとき、本当にカッコよかったよ」と伝え、ニッコリするJUNG KOOKだった。

パート2は、自分が言いたい言葉を書いた封筒を該当するメンバーに送り、その言葉を直接伝えるというもの。

まずJ-HOPEが、該当するメンバー以外、全員で一緒に言ってほしいと言うと、メンバーたちはRMだと予想。ところが、相手はVだった。「テヒョン(V)が実はこういう言葉を言われるのが、好きそうだから」とJ-HOPEが言うと、「もしかして、サランヘ(愛してる)?」とJIN。J-HOPEがVに言いたかった言葉は「僕たちみんな、お前のこと好きだよ」だった。その言葉を聞き、幸せそうな表情を浮かべ、自然と口角が上がるV。その一方で、ついにこの甘い雰囲気に我慢できず、「うわーーーー」と絶叫するSUGA。拒否反応を示しながらも、一緒に「好きだよ」と言うところが、またSUGAの良さでもあるのだが。

RMが、褒められて伸びるタイプと叱られて伸びるタイプがいるけれど、Vは前者だと分析し、J-HOPEはVにもっと愛情表現をたくさんしてあげたいと話した。何より、メンバー全員から声を揃えて「好きだよ~」と言われ、デレッとするVの愛おしさといったらなかった。

そのVが封筒を送ったのはJIMINだった。封筒の中身を確認するや、思わず吹き出し、「このコーナー終わりにしなきゃいけない」と照れまくるJIMIN。Vが言いたい言葉は「JIMIN、僕はお前が一番好きだよ」だった。ドラマのワンシーンのように話すVに、JIMINも「テヒョンさん、ありがとうございます。僕もテヒョンさんのことすごく好きです」と返し、「微笑ましいね~」とRM。今回、この番組でV&JIMINのイチャイチャは何度登場したことか(笑)。それでも、この2人の絡みは何度見てもほっこりさせられる。

続いて、JIMINはこのコーナーで、ずっとむずがゆさを見せてきたSUGAに封筒を回した。よりによって、言いたい言葉は「サランヘ」だ。思わず顔をしかめ、イスを引くSUGAだったが、みんなから「サランヘ」と言われ、顔を赤くするも、まんざらでもない(!? )様子だった。

そして、最後にSUGAはRMに「お前は最高のリーダーだよ」と伝え、他のメンバーたちも同意し、心が一つになったところでこのコーナーが終わった。

再びスタジオに戻り、視聴者からの質問に3秒で答えるコーナーでは、JUNG KOOKのケータイ待ち受けはお母さんとお父さんの写真、JIMINが好きな季節は冬、J-HOPEがよく頼むデリバリーはチキン、SUGAが好きなおかずはジンミチェ(さきいかのコチュジャン炒め)、Vが歯磨きと洗顔、先にするのは歯磨き、JINが最近泣いたのはきのう、アニメを見て泣いたなど、日常が垣間見える話も。

さらに、視聴者から一番多かった質問が「コロナ禍が明けた初公演で、最初に披露する曲は?」だったが、メンバー全員一致で「ON」と答えた。米国に行って、授賞式で見せたかったのに、それが叶わなかったというのもあるし、みんなが“OFF”から“ON”になるという意味でも、ぴったりではないかとRM。

そして、ライブが始まったら、あいさつはせず、しばらくステージを続けていくのがいいのではないかとJIMIN。これまで積もり積もってきたものが多いから、あいさつをした瞬間、つらくなりそうだというのだ。SUGAも最初からあいさつをしたら、みんな泣くかもしれないと。J-HOPEはこれまで我慢してきた感情を集中させて、「ARMY~!」と叫ぶと思うと話し、Vは特別に何かするのではなく、いつも通りやるのもよさそうだとそれぞれがライブへの想いを馳せた。

今回、約100分という放送時間があっという間に感じるほど、盛りだくさんの内容だったが、メンバーそれぞれの人間性の素晴らしさを再確認できるスペシャルトークショーだった。


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら