香港紙「ソン・フンミンの経済波及効果は2兆ウォン、BTSに匹敵するほど」

コメント

2021/03/05 16:57配信
Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp 2

全1枚

プレミアリーグで活躍中の韓国出身サッカー選手ソン・フンミン(トッテナム所属)が莫大な経済効果を生み出しているとの報道が出た。

 香港紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」は4日、ソン・フンミンの成功を集中的に分析した。ソン・フンミンが幼い頃からブンデスリーガのユースチームを経て、プレミアリーグのトッテナムで成功するまでの過程を詳細に描いた。

 同紙は「ソン・フンミンがパク・チソンを超えて、プレミアリーグで最も多く得点した韓国選手になった。ソン・フンミンが、パク・チソンやチャ・ボムグンの名声を超えたかは議論の余地があるが、経済的には異論がない」と紹介した。

 また経済誌「フォーブス」は「ソン・フンミンはかみそり、アイスクリーム、シャンプーなど韓国で数本の広告を撮り、約182億5千万ウォン(約17億5200万円)の収益を上げたことがわかった。ソン・フンミンは韓国語と英語、ドイツ語が堪能だ」と紹介した。

 同誌はソン・フンミンに関して「経済効果は約2兆ウォン(約1900億円)に達する。グローバルポップスターBTS(防弾少年団)と肩を並べるほどだ。ソン・フンミンは大衆にインスピレーションを与え、子どもたちにモチベーションを与える選手」としている。

最終更新:2021/03/06  12:9


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら