ソン・フンミン、夏の移籍市場で全北移籍?”SNSハプニング”が話題

コメント

2021/02/19 15:32配信
Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp 4

全1枚

ソン・フンミン(28/トッテナム)のKリーグ移籍説が提起された。しかし、情報の信ぴょう性は「低い」とみられる。

 

 現在、ソン・フンミンはヨーロッパのビッグクラブから相次いで関心を受けている。

 トッテナムの財政状況と照らし合わせ、より関心が集まっている状況だ。トッテナムは新型コロナウイルスにより無観客試合に転換し、相当な財政損失に見舞われている。これにより、一部メディアでは選手の移籍金でこの状況を乗り切るだろうとの予想も出ている。

 SNSを通して選手の移籍情報が飛び交う中、@COYS_ITKによるとソン・フンミンがKリーグの全北現代に移籍するとの説が浮上しているという。

 @COYS_ITKは17日「ソン・フンミンがことし夏、全北現代に移籍する」とし「トッテナムが、深刻な財政難により移籍させなければならない」と説明した。

 これに韓国メディア「OSEN」は、現実的には不可能な話だと報じた。

 ソン・フンミンの価値は、Kリーグでは「支払いようがない」金額だ。また、ソン・フンミンが兵役義務に就かなければならない場合、国内復帰の可能性は提起されるが、ソン・フンミンは2018アジア大会で金メダルを獲得したことで兵役免除となっている。昨年、基礎軍事訓練を終えたため、追加でボランティア活動をおこなうと兵役義務を終えることができる。

 一方、ソン・フンミンの全北移籍に言及した@COYS_ITKのITKとは「In The Know」を意味する。OSENによると”内部情報”を伝えるメディアとのこと。しかし、SNSの投稿はたった2件のみだ。これらのことから、信ぴょう性についての判断は難しく、ソン・フンミンに対する高い関心が招いた”ハプニング”の可能性が高いと伝えた。


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら