全て 俳優 ドラマ 映画 K-POP

≪韓国ドラマNOW≫「オ!サムグァンビラ」38話、イ・ジャンウがチン・ギジュから離れることを決意=あらすじ・ネタバレ

コメント

2021/01/24 17:44配信
Copyrights(C) News1 wowkorea.jp 5

全1枚

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

KBSドラマ「オ!サムグァンビラ」38話では、ピッチェウン(チン・ギジュ)とジェヒ(イ・ジャンウ)が離れる時間を持つことにする様子が描かれた。

 ピッチェウンは、警察に捕まったピルホン(オム・ヒョソプ)を見て驚き、なぜ捕まったのかと警察官に聞いた。警察官が家族なのかと確認すると、ピッチェウンはためらってから何の関係もないと答えた。ピッチェウンは、チュンソク(チョン・ジェスン)にピルホンが警察に捕まったから、ジェヒの件を解決してほしいと言ったが、チュンソクは約束を守らなかった。ピルホンを警察に通報したのは、ジョンウォン(ファン・シネ)だった。

 ソア(ハン・ボルム)はピルホンを誰が通報したのか不安に思っていた。火の粉を被る可能性があるからだ。ナロ(チョン・ソンウ)は事実が明らかになった場合、自分が全て被ると言い、さらに何があってもソアを守ると言ったのだ。ピルホンは警察で、チュンソクとジェヒに合わせてほしいと頼んだ。

 ジェヒはピルホンの事件の参考人として調べを受けることになった。ジェヒは、ピルホンが事務所の図面を盗んでいないと証言。ピルホンはチュンソクが濡れ衣を着せたと一生懸命に説明した。ジェヒは「よく分からない」と言うと、ピルホンはピッチェウンをかけて潔白を主張した。ジェヒは「父親として資格があると思っているのか」と怒った。

 ジョンフ(チョン・ボソク)はジェヒに内緒で、ジェヒの同業者の借金を返した。ジェヒは濡れ衣を着せられたピルホンを助けるために、ピルホンを告訴した人に電話して、事情を説明した。ピッチェウンはそんなジェヒに対して申し訳なく思い、もどかしさを感じて自分を責めた。ジェヒはサングァンビラを出て、ピッチェウンとはしばらく時間を置くことにした。ピッチェウンはそんなジェヒにしがみつくことはできなかった。

最終更新:2021/02/08  17:45


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら














= "" then exit function end if if imgfile <> "" then Image_count = Cint(num) + 1 else Image_count = Cint(num) end if end function %>