全て 俳優 ドラマ 映画 K-POP

ジェフリー・D・ジョーンズ、「チャ・ウヌの顔見ると妬ましいくらいだ…細くてイケメン」

コメント数:3

2021/01/18 06:51配信
Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp 81

全1枚

「執事部一体」でジェフリー・D・ジョーンズ もチャ・ウヌのルックスにびっくりして目を引いた。

17日放送されたSBS芸能「執事部一体」では、「執事部ロードウェイ」編に続き、ジェフリー・D・ジョーンズが出演した。

この日、お茶の間ミュージカルが予告された中で、イ・スンギとチャ・ジヨンは「風の丘を越えて/西便制」の「愛」で初めての舞台を飾った。チャ・ジヨンが最初に始め、雰囲気を捕らえた。続いてイ・スンギも太鼓を打ってリズムを取り、さらに音まで出した。初めて試みる太鼓と音を消化したイ・スンギ、チャ・ジヨンと一緒に短時間で真の兄妹のような相性の呼吸を完成した。

次は、チェ・ジョンウォンとキム・ドンヒョン、ヤン・セヒョン、チャ・ウヌの「シカゴ」の「All that jazz」が舞台を飾った。キム・ドンヒョンが足をくじいたが、これも致命的なセクシーさに変貌させた。チャ・ウヌは真剣に、ヤン・セヒョンはとげとげしさがあふれる姿で舞台をひきつけた。何よりもチェ・ジョンウォンのしっかりとした歌唱力で、これまで以上に熱い舞台を完成した。

次に、世界4大ミュージカル・ミュージカル界の名作「オペラ座の怪人」の魅惑的な舞台が用意された。キム・ソヒョンとシン・ソンロクが「Think Of me」を熱唱、特にキム・ソヒョンの天上の声が目立った。感心するほどの高音だった。

続いて、シン・ソンロクは「The phantom of the Opera」の舞台を一緒に構成し、デュエット舞台を完成した。その中に隠してきたミュージカル俳優ロクファントムの魅力を発散して、全員の歓呼を誘発した。有終の美を飾るキム・ソヒョンのくらっとするような高音が感心を起こした。

舞台が恋しかった俳優と観客がすべて一つの席に集まって再び会える日を待ってときめきを伝えた。

俳優たちは、「私を生かしてくれる生命の舞台、私はミュージカルで、ミュージカルが私、私の人生はミュージカル、私が年を取っても着実に人生のように続けていくもの」と言って、全員をジーンとさせた。

製作陣は“師匠”の名前を公開すると、“師匠”のチョ・ジェピルはバイクに乗って登場した。彼は「韓国の名前がチョ・ジェピル、元の名前はジェフリー・ジョーンズ」と自己紹介した。韓国を縦横無尽する彼の活躍が全員を驚かせた。

肩書き富豪の会長ジェフリー・ジョーンズの話を聞いてみることにした。彼はメンバーたちは皆知っているような親近感を表わし、チャ・ウヌが韓国に来てからどのくらいなのか尋ねると、彼は24歳のチャ・ウヌより2倍は長く住んでいたとし、1971年に韓国に来たと言って皆を驚かせた。

メンバーたちは「韓​​国の情緒が感じられ、韓国人になったなと感じることがあるか」と尋ねると、彼は「あまりに慣れて、米国に行くたびにミスをする。特に韓国人よりは、鏡に映った私を見て、なんで外国人がいるのか​と感じる」と話して、また一度笑わせた。

それながら韓国人の、いとこの土地にも”腹が痛い”という特徴について、「空腹は我慢しても”腹が痛い”のは我慢できない」とし、「私もチャ・ウヌの横に座って”腹が痛い”(=妬ましい)、あまりにもイケメンで、キム・ドンヒョンとヤン・セヒョンの間に座りたい」と話して爆笑させた。

最終更新:2021/01/18  9:31


コメント数ランキング コメント数:3






この記事が気に入ったら