全て 俳優 ドラマ 映画 K-POP

≪韓国ドラマNOW≫「ペントハウス」3話、キム・ヒョンス、キム・ソヨンに「入試に不正があったのでは」と抗議も警察行きに

コメント

2020/11/02 22:56配信
Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp 95

全1枚

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

キム・ヒョンスがキム・ソヨンを訪ね、チョンア芸術高校に入試に不正があると抗議した。

2日に韓国で放送されたSBS月火ドラマ「ペントハウス」ではペ・ロナ(キム・ヒョンス)がチョン・ソジン(キム・ソヨン)に会いに行き、チョンア芸術高校の入試の不正を抗議した。

カン・マリ(シン・ウンギョン)はユ・ジェニ(チン・ジヒ)の合格を祝い、プラカードを学校の正門に掲げた。カン・マリは「実力もない子をなぜチョンア芸術高校に送ろうとするのか」と皮肉った。オ・ユンヒ(S.E.S.のユジン)は「これは何か間違っている。ジェニのような子が受かり、うちのロナが落ちたなんてとんでもない」と述べた。これにカン・マリは「合格者の中に孤児がいると聞いた。誰が知っているのか。その子にお金を一束持ってきたら譲歩できるのでは?」と挑発した。

ユ・ジェニは「もともと選ばれる子たちは決まっていた。決められた子たちでなく、その下に見た目をそろえた天才たちを選んだらあなたの席はない」とし、「チョンア芸術高校が設立した後、予備番号が合格したことはなかった。夢にも見るな」と怒らせた。

ペ・ロナはハ・ウンビョル(チェ・イェビン)が実技試験場で泣きながら出てきた記憶を思い出した。ペ・ロナはチョン・ソジンを訪ね、問いつめようとしたが、チョン・ソジンに会うことができなかった。ペ・ロナはハ・ウンビョルを引き留め、「コネじゃないのか」と問いただした。

その時チョン・ソジンが現れた。ペ・ロナは「点数を公開してほしい。なぜ私が脱落したのか」と問い詰めた。これにチョン・ソジンは「あなたの母親と同じだ。受け入れろ。あなたの実力が足りなくて落ちたのだ」とし、「入試は今後の可能性を見る。あなたは素質がない。乱暴を働くな」と述べた。

これにペ・ロナは「入試不正があったことを知っている」とし、「合格者が最初から決まっていたのではないか。私のレッスンの先生を買収したのもおばさんでは?」と床に横たわってしまった。ペ・ロナは「点数を見る前までここから一歩も動けない」と声を上げた。ペ・ロナは自分を引っ張り出そうとするハ・ウンビョルを押しのけ、ハ・ウンビョルは腕が痛いと叫び、この日は結局ペ・ロナは警察に行くことになった。


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら